LiteLoaderをForgeと共存させる方法

「WorldEdit CUI」や「VoxelMap」などのクライアントMODの前提として要求される事の多い「LiteLoader」。今回はLiteLoaderを、Forgeに普通のMODとして導入して共存させる手順を解説します。
[2017年1月15日追記] LiteLoaderがバージョン1.11.2/1.11まで対応しています。

スポンサーリンク

今ホットな前提MOD「LiteLoader」って何?

2014-11-4_19-16-54
(画像は公式フォーラムより)

「LiteLoader」とは、Forgeのように MODを導入する際に前提となるMOD、というよりプログラムです。インストーラーからインストールし、「.litemod」ファイルをmodsにブチ込んでMODを導入します。

LiteLoaderを前提としているMODなんて何がある...? ...色々あります。LiteLoaderは「クライアントサイドで動くMODが作りやすい」のが特徴ですから、「VoxelMap」「WorldEdit CUI」「Matmos」「Macro / Keybind Mod」などの便利系を使うのに必要なんです。


LLだけじゃForgeのMODは使えない

しかしそれらのMODを使うためにLiteLoaderだけインストールすると、ForgeのMODが使えません。既に遊んでいるMODと一緒に、それらのLiteLoader用のMODを使うには... そんなあなたのために、この記事では「LiteLoaderをForgeにMODとして導入する手順」を解説します。


先にForgeを導入して使える状態にしておいて下さい

まずは、ほとんどのMODの大前提、Minecraft Forgeを導入しないといけませんね。Forgeを導入しているよ! という方は、こちらをクリックしてスキップして下さい。


新しくて簡単なForgeの導入方法
新しいMOD導入方法修正版-min
https://napoan.com/new-way-to-install-mod/

Forgeの導入方法については、ページの尺の都合上▲の記事に全てまとめていますの記事を参考にして下さい。modsフォルダーが生成されて様々なMODが導入できるようになれば準備完了です。


LiteLoaderのダウンロード

さて、ここからは先ほど導入したForgeに、LiteLoaderを追加する形で共存させます。それではLiteLoaderの公式サイトからインストーラーをダウンロードしましょう。

LiteLoaderのダウンロード
LLのダウンロード
http://www.liteloader.com/download

▲遊びたいバージョンを選びましょう。

ダウンロード

Windowsの方は上のexe版、MacやLinuxの方は下のjar版をダウンロードします。


LiteLoaderのjarファイルを取り出してmodsに入れよう

Extract Jar

ダウンロードしたインストーラーを開いたら、一番下の「Extract jar file」を選択してOKしましょう。デフォルトでは.minecraftフォルダーにjarが生成されます。

jarをMODSに

選択されていたフォルダー(デフォルトでは.minecraft)に、「liteloader-xxx.jar」が生成されます。これを、お使いのGeme Directoryのmodsフォルダに入れましょう。これまで通りMODを導入する感覚で、LiteLoaderが導入できてしまうのです。


LiteLoaderロード中...

LiteLoaderを入れたForgeのProfileで起動。するとMojang ABのロゴの下に見慣れないバーが。

LiteLoader導入完了!

Forgeの「Mods」を残しつつ、画面右上にチキンマークが!これでもうForgeのMODと一緒に、WorldEditCUIなどのLL用MODを使えるのです。


スポンサーリンク

毎度毎度ツイート、コメント等ありがとうございます。Twitterではブログの更新状況など色々呟いてます。気軽にフォロー下さい。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメント