Minecraft: Java Edition このゲームの記事一覧

MOD導入方法解説

MODを導入して遊びたいけど、導入方法がよく分からない。途中で挫折した... そんな方のために、画像をふんだんに使ってMODの導入方法をゼロから解説します。1.7.10、1.8~1.8.9、さらに1.9/1.10/1.11/1.12でも使える、新しいForgeの導入方法やディレクトリの設定などを画像付きで分かりやすく解説します。
この新しい方法なら、Forgeのバージョンを変えてもデータはそのままですし、セーブデータを賢く整理できるので後々とっても楽です!

最終更新: 2018年10月2日 17:42
フォルダの作成方法を簡単なものに

スポンサーリンク

 


MinecraftForgeのインストール手順と、MODの導入方法

ほとんどのMODは、「Minecraft Forge」を先にインストールして準備をしておかないと導入できません。ここではForgeをインストールして使えるようにする作業と、MODの導入方法を画像付きで詳しく解説します。


「Forge」はマイクラの別バージョン。うまく切り替えて使いましょう

MODを導入して遊ぶ仕組み

Forgeとは何なのか、はじめてMODを導入する方のために説明します。Forgeは「マイクラの新しいバージョン」と考えれば分かりやすいですね。Forgeをマイクラに導入する、というよりは「Forgeをインストールして使えるようにする」のがこれからする作業なんです。

よく「Minecraft 最新版のMODの入れ方」で検索されてる方を見かけますが、出たばっかりのバージョンのマイクラにMODを入れるのは無理です。現在配布されているMODのほとんどは、「Forge」用に作られたものです。遊びたいバージョンのForgeが出てからじゃないとMODでは遊べないのです。


Forgeをダウンロードしてインストールしよう

  • まず、以下のForgeのダウンロードページにアクセスします。
MinecraftForgeのダウンロード
http://files.minecraftforge.net
[2016年1月19日追記]最近、Adfoc.us(ダウンロードの際に表示される中継サイト)にてニセのForgeのダウンロードリンクが広告内に表示されたという報告がありました。くれぐれも騙されないようご注意下さい。
forgeのダウンロード手順
  • 左のバージョン一覧をまずはチェックしましょう。
  • 必ず遊びたいMODに合ったバージョンのForgeを選んで下さい。 あまり出たばっかりのForgeを選ぶと遊べるMODはどうしても少なくなります。
  • 「Download Latest」が最新版、「Download Recommended」が「安定版」です。まずは安定版をダウンロードすることをおすすめします。
  • Windowsの方はInstaller-winをクリックして下さい。
  • Macの方はInstallerをクリックして下さい。
    (WindowsでもJavaをインストールしてあるならInstallerも使えます。どちらでも好きな方をお選び下さい)
  • (以下、どのバージョンのForgeをダウンロードした場合も手順は同じです。

ダウンロード前の広告ページ
  • すると広告サイトが表示されます。
  • しばらく待って、右上に「SKIP」が出たらクリックします。
  • (こういうサイトを自動スキップするブラウザのアドオンがありますが、これは開発者さんにとって大切なページなんです。詳しくはこちらの記事へどうぞ。)
  • Adf.lyやAdfoc.usでは時々詐欺まがいのポップアップ(Javaがどうたらこうたら等)が表示されますが、気にせずに閉じて先にお進み下さい
インストーラーを開く
  • ダウンロードしたjarまたはexeファイルをクリックで開きます。
  • jar版を開いた際にプログラムの選択画面が出たら、「Java Platform SE binary」を選んで下さい。

Macでインストーラーを開くと警告が出る場合
警告

Macでインストーラーを開く際に、こんな警告が出て開けない場合は、以下の手順に従って開きます。

※この警告ではなく「コマンドラインツールを使用するにはJDKを...」とかいうメッセージが出た場合は、こちらでJavaをダウンロードしてインストールしてください。

システム環境設定

左上の虫食いリンゴマークをクリックして「システム環境設定」をクリック。

セキュリティとプライバシー

「セキリュティとプライバシー」をクリック。

このまま開く

下の「このまま開く」をクリックすれば、やっとForgeのインストール画面が開けます!

インストーラー
  • インストーラーの画面が開きます。そのまま「OK」を押しましょう。
  • インストールが終わるとメッセージが出てくるのでOKを押します。
  • ※インストールするForgeのバージョンに合ったバニラのマイクラを一回も遊んでいないとインストールできません。「1.10.2版Forge」なら、「Release 1.10.2」を遊ばないといけないのです(小さい数字も考えてってこと)

ランチャーで各種設定をして起動しよう

  • Forgeのインストールはできましたが、遊ぶ環境が用意されていません。
  • ここからは、MODで遊ぶための「プロファイル」を作成し、快適に遊べるように設定していきます。
  • ここからが一番重要な作業です。サボると後で本当に面倒なことになります。

起動オプション
  • ランチャーを起動して、右上のメニューボタンをクリックして、「起動オプション」をクリックします。

新規作成
  • 設定一覧が表示されたら、「新規作成」をクリックして下さい。

これが設定画面
  • さあ、各種設定をしていきます... といっても変えるのは3ヶ所だけですのでご安心下さい。

プロファイル名を設定
  • まずはプロファイルの名前を決めましょう。
  • バージョン名を書けば遊ぶ際に分かりやすくなります。

バージョンはこのままじゃだめ
  • バージョンが「最新のバージョン」になっていると、MODは遊べません。
  • 「最新のバージョン」をクリックしてバージョン一覧を表示させてください。

インストールしたバージョンを選択
  • 先程インストールしたバージョンのForgeを選びましょう。
  • 同じマイクラバージョンでも複数のForgeが存在します。新しいForgeを入れたら、細かいForgeのバージョンを間違えないように注意。

フォルダーマークをクリック
  • 「ゲームディレクトリ」の右のフォルダーマークをクリックしましょう。
  • 下の2つのフォルダーマークと間違えないように注意。

Macの方はこちらをクリックしてスキップしてください。

フォルダー選択画面
  • するとフォルダー選択画面が表示されます。(選択と言ってもこれから作成するのでご安心下さい)
  • 「PC」を探してクリック。出てきた中の「デスクトップ」をクリックしましょう。

  • 「デスクトップ」を選択したまま、「新しいフォルダーの作成」をクリックします。

フォルダーの名前を変更
  • 「新しいフォルダー」が出てきたら、F2キーを押して名前変更モードにします。

  • バージョン名など、分かりやすいフォルダー名を入力してOKをクリックしましょう。
  • このフォルダー名は先程設定した(プロファイルの)名前と違っていても大丈夫です。

Macの場合のゲームディレクトリ設定方法
ユーザー名をクリック

Macの場合、こんな画面が表示されれます。左のメニューにあるユーザー名をクリックしましょう。

デスクトップを開く

「Desktop(デスクトップ)」をダブルクリックして開きます。

フォルダー作成

デスクトップの内容が表示されます。⌘Command+Shift+Nキーを押しましょう。

フォルダー名を入力

するとこんなフォルダー作成画面が出てきます。データ用フォルダーにふさわしい分かりやすい名前をつけましょう。迷ったらForge+バージョン名がおすすめです。フォルダー名を入力したらEnterを叩きます。

OK

作成したフォルダーが自動で開かれるので、右下のOpenをクリックしましょう。


設定を保存
  • フォルダーの場所と名前がちゃんと設定できているのを確認しましょう。
  • 確認できたら「保存」をクリックします。

  • ニュースなどのタブに切り替えて、下の▲ボタンをクリックし、先ほど作成したプロファイルをクリックしましょう。
  • それから「プレイ」を押せばForge入りのマイクラが起動します!

modsフォルダの場所と、ダウンロードしたMODの導入方法

  • MODや配布ワールドを入れたくなった場合の手順を解説します。
  • ランチャーの起動オプション画面を開いて、今遊んでいるプロファイルを選択しましょう。
  • ゲームディレクトリの右のフォルダマークのさらに右にある緑の矢印マークをクリックしましょう。
  • ゲームディレクトリが表示されました。
  • これなら探さなくてもmodsフォルダやsavesフォルダやresourcepacksフォルダの場所が分かります。
  • MODをダウンロードしたら、そのファイルを解凍せずに「mods」の中に入れてください。
  • (しかしMOD作者さんが解凍しろと言っている場合は解凍してください)
  • 今まで遊んでいたワールドを、この「saves」フォルダーの中に入れてください。そうすればワールドを引き継げます。
※MODを入れるとクラッシュする場合は、Forgeのバージョンを少し変えて(細かい数字をずらして)お試し下さい。バージョン変更の方法についてはこちらで解説しています。

「ゲームディレクトリ」を設定する意味とは。トラブルを防止、管理しやすく

[MOD導入]GameDirectoryを設定する意味

先程、ランチャーのProfile編集画面で「ゲームディレクトリ」にフォルダのアドレスを設定しましたね。GameDirectoryを設定すると、どのようなメリットが有るのでしょうか。以下にまとめました。

  • 設定しない場合、色々なバージョンで一つのmodsフォルダが使われてしまいます。
  • 設定すれば、プロファイルごとにMODやワールドデータを別にできるので、様々なトラブルを防げます。
  • ワールドデータを分けているので、「○○MODで遊んだワールドを間違えて○○MOD無しの環境で開いて、○○MODのブロックが消えた!」なんてトラブルを減らせます。
  • デスクトップなどアクセスしやすい場所にフォルダを作り、そこをゲームディレクトリに設定すれば、MODやワールドの管理がとても楽になります。


当ブログでは様々なMODを紹介/解説しています
MOD | ナポアンのマイクラ//napoan.com/category/mod/

導入するMODに迷ったら、とりあえず▲のMODカテゴリの記事を眺めてみてください。きっとあなたの心を動かすMODが見つかるはずです。個人的なおすすめは「ReplayMod」。


データはそのままで、Forgeのバージョンを変更するには。

  • この方法ですと、データの引っ越しをせずにForgeのバージョンだけを変えることができます。
  • 先ほど解説した手順で、Forgeをダウンロードしてインストールしましょう。
  • それからランチャーを開き直し、「起動オプション」からバージョンを変更したいプロファイルを選択します。
  • そして、設定画面で「バージョン」を新しいForgeに切り替えるだけです。

※新しいForgeをインストールしたのに「バージョン」に表示されない場合は、ランチャーを起動しなおして下さい。


無事にMODを導入できたでしょうか。
「これのやり方が分からない」といった声、コメントで待ってます。

 

スポンサーリンク

毎度毎度ツイート、コメント等ありがとうございます。Twitterではブログの更新状況など色々呟いてます。気軽にフォロー下さい。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメント