[Minecraft 1.9+] マルチプレイ対応! 手に持って右クリックすると何かが起こるアイテムの作り方

右クリックすると何か起こるアイテムマルチプレイ対応版

だいぶ前に公開した「手に持って右クリックすると何か起こるアイテム」のコマンドを、バージョン1.9以上向けに、マルチプレイでも使えるように改良しました。以前作ってみてうまくいかなかった方も、今回はコマンドブロックを並べてコマンドをコピペして動力を伝えるだけで使えるようになります。
配布ワールドで"魔法"を使うアイテムを作ってみたり、サーバーでテレポートするためのアイテムを作ったりなど、色々な使い方ができます。この機会にオリジナルのアイテムを作ってみませんか。

※この記事は、「【Minecraft】手に持って右クリックすると何かが起こるアイテムの作り方 [コマンド解説 for1.8]」という記事の内容を書き直したものです。
スポンサーリンク

右クリックすると何か起こるアイテムとは。色々なイベントを設定できます

これが右クリックするアイテムだ

こちらが今回作る「手に持って右クリックする」アイテム。どんな種類のアイテムでも大丈夫ですし、名前や説明文も自由に設定できます。

右クリックした際のイベントは自由です

このアイテムを手に持って、カチッと右クリックすればイベントが起動します。ここで何を実行するかは自由で、いくらでも拡張できます。例えば次のようなアイテムが考えられますね。

  • 右クリックするとロビーにテレポートするアイテム
  • 右クリックするとMobを召喚できる"魔法の杖"
  • 右クリックで音を鳴らせる"笛"
  • 右クリックで近くのMobに雷を落とす"魔法の杖"

このアイテム、RPG風の配布ワールドで"魔法を使う"といった仕掛けにピッタリだと思うんです。本を使って発動させるという手もありますが、マップ製作者の皆さんなら"杖"や"笛"などよりRPGらしいアイテムを充実させたいですよね。

アイテムの種類を増やすのが楽

何より私が自慢したいのはこれ。右クリックするアイテムを新しく追加する際、いちいち回路を作る必要がなく、2つのコマンドを追加するだけでいいんです。(右クリック時のイベントが1つの場合。複数イベントを実行するなら増えます)


マルチプレイに対応しました

そして以前解説した装置ではできませんでしたが、ついにマルチプレイでも使えるようになりました! それぞれのプレイヤーが同じ/違うアイテムを同時に使うこともできます。


この装置の欠点、それはゾンビが擦り付くこと

しかし、この装置にも欠点があります。実は透明な"村人"をプレイヤーの場所に召喚しているので、右クリックするアイテムを持っている間はクリエイティブモードでもゾンビが擦り寄ってくるんです。(村人とゾンビを同じチームに参加させれば解決できますが、それだとゾンビをチームに入れる装置などと干渉してややこしいことになりますし、そもそもゾンビが近寄ってきたら剣に持ち替えるよな、ってことで放置)


次のページでは、装置の作り方と各コマンドの仕組み等を解説します >>
スポンサーリンク

この記事はページ分割されています

1 2

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメント