目次
/ UPDATE :
/ Author: sasigume

1.7.10版Optifineも影MODと合体、ついにシェーダーパックの読み込みに対応した

Optifine11710シェーダー
(サムネで使用しているシェーダーパックはsoniceither氏のSEUSv10.1でフォントはRadomir Tinkov氏のUni Sansです)

1.7.10ユーザーの方に朗報です。定番の軽量化MOD「Optifine」の1.7.10版が、ついにシェーダーパックの読み込みに対応しました。つまり1.7.10でもOptifineがShadersMod(影MOD)の機能を取り込んだのでニュースとしてお伝えいたします。

Optifineのダウンロードページ
http://optifine.net/downloads

最新版のOptifineを入手するには、▲のページにアクセスして下さい。

1.7.10版のダウンロード

スクロールすると1.7.10版のダウンロードリンクがありますので、一番上の「Download」をクリックしてダウンロードしましょう。(失敗した際は「mirror」へ)

OptifineのインストールまたはForgeへの導入手順の解説
Optifineの導入方法と設定を解説
https://napoan.com/wp/optifine-setup-guide/

後は▲の記事に従って、Optifineをインストールしてプロファイルを作成したりForgeに導入したりしてお使い下さい。


シェーダーの詳細設定が追加された

これまでの1.7.10版Optifineと違い、ビデオ設定に「シェーダーの詳細設定...(Shaders...)」が追加されています。

動いた

Fooo! SEUSもバリバリ動きました。皆さんもお気に入りのシェーダーパックを1.7.10でお愉しみ下さい。

 

記事が役に立ったら、
シェアしてね!
Tweet

こちらの記事も読まれています

1.7.10版Optifineも影MODと合体、ついにシェーダーパックの読み込みに対応した”には5件のコメントが付いています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事の内容・画像・動画その他ファイルを引用・転載する際や、アンテナサイトに掲載する場合は該当ページへのリンクをお願いします。当サイトで紹介する著作物はそれぞれの権利者に帰属します。当サイトはMojang ABおよびMicrosoft社とは無関係であり、記事を利用したことによる如何なる損害も管理人は責任を負いません。