アップデート配信はいつ?
  • iOS: 間もなく配信
  • Android: 間もなく配信
  • Windows10: 間もなく配信
  • XboxOne: 間もなく配信
  • Switch: 間もなく配信
<< バージョン1.10の内容まとめ

新しい村と村人の正式実装色々なブロックの正式実装 スマホ・タブレット・NintendoSwitch・Windows10アプリ・XboxOneの「Minecraft(BE,統合版)」のアップデート「1.11」の更新内容をまとめました。 開発者さんのツイート、公式Wikiの情報を基に画像付きで詳しくまとめています。


たき火の解説と画像を追記
スポンサーリンク

参考にさせて頂いたページ様

他、各種アイテムの英語版公式Wikiの解説を参考にしました。分かりやすい説明、豊富なデータをまとめてくださった英語版公式Wikiの編集者の皆様には、感謝してもしきれません。

目次

※以下、画像の準備には時間がかかるのでご了承願います


エンティティ(Mob,乗り物など)に関する追加/変更点

新タイプの村人が正式実装

  • 新しいタイプの村人が正式に追加された
  • 既存の古い村人は新しい村人に置き換えられる
  • 古い村人のスポーンエッグは削除された
  • 新しい村人は、バイオームと職業によって様々な服を着る
  • 新しい村人は、移動や行動の挙動が改善されている
  • 新しい村人は、村の外へ出かける
  • 新しい村人は、ベッドで眠る(同時に体力を回復する)
  • 新しい村人は、プレイヤーが取引に対応するアイテムを持つと、それと取引したいアイテムを手に持つ
  • 取引についてはこちらで解説している
  • 新しい村人は、職業ごとに関連する建物に集まる(農家は1.10のように耕地には集まらずコンポスターに集まる)
  • 新しい村人は、村の集会所に集まることもある
  • 新しい司書は本棚を観察する
  • 襲撃イベント中は家に隠れ、取引できなくなる

新タイプの村人ゾンビが正式実装

  • 古い村人ゾンビは新しい村人ゾンビに置き換えられる
  • 古い村人ゾンビのスポーンエッグは削除された


「行商人」が正式実装、付属のラマも進化

  • 「行商人」が正式に実装された
  • IDはminecraft:wandering_trader
  • 2頭のラマと共に世界を旅している
  • 村に到着すると、2,3日(リアルで40~60分)滞在する
  • 色々なバイオームのアイテムや、ランダムな染料、レアな素材を取引できる
  • 1.10から以下の点が変更された
    • 敵Mobが近くにいると不可視のポーションを飲むようになった
    • 発射物や魔法攻撃から身を隠すようになった
    • 取引の在庫が切れるとすぐに消滅するようになった
    • ラマ2頭を交配させることはできなくなった
    • 行商人のラマが赤ちゃんとして生まれてくることはなくなった
    • 行商人が攻撃されるとつばを吐きつけるようになった

邪悪な村人たちは子供村人を攻撃しなくなった

  • 略奪者、ヴィンディケーター、エヴォーカー、ヴェックスは子供の村人を攻撃しなくなった

Illager Beastがラヴィッジャーに名前変更&仕様変更

  • 超書きにくいが、こいつは今日から「ラヴィッジャー」
  • 噛んだり吠えたりして攻撃するようになった
  • 盾で攻撃を防げば一定時間動きを止めることができる
  • 試験的実装じゃなくなったので普通のワールドでもスポーンエッグが使える
  • 略奪者、ヴィンディケーター、エヴォーカーは乗ることができる
  • 子供の村人は攻撃しなくなった

[試験的] 邪悪な村人のキャプテンが試験的実装

  • 邪悪な村人のキャプテンが試験的に実装された
  • 邪悪な村人、つまり略奪者またはヴィンディケーターまたはエヴォーカーのうち、頭に旗を付けているのがキャプテンだ
  • 試験的なゲームプレイをONにしたEXワールドでのみスポーンできる
  • 略奪者の拠点にいたり、パトロール隊のリーダーとしてスポーンしたりする
  • 殺されると「不吉な予感(Bad Omen)」のステータス効果をプレイヤーに与える(襲撃イベントのきっかけ)


ワールドの生成(ダンジョンや構造物)に関する追加/変更点

新バージョンの村が正式実装

  • 新しい村が正式に実装された
  • 1.10と違い全てのチェストにアイテムが入っている
  • 1.10と違い職業ごとの基準のブロックの効果範囲が広がったので、村人はそれらに行きやすくなり、怒ることも少なくなった
  • 1.10と比べて内容がいろいろ変わっている:
    • 砂漠の鍛冶屋の家を削除
    • 平原の大きな家に床が追加された
    • 生成される建物の種類を変更した
    • 平原の畑、平原の大きな畑、平原の道具屋が生成されるようになった
    • 平原の革工場には1つの大釜しか置かれなくなった
    • 砂漠に床が欠けている家があったので修正
    • 建物の暗い箇所に松明を追加
    • 平原の釣り人のコテージにはタル1つと作業台1つだけ生成されるように
    • タイガ、サバンナ、雪原の釣り人のコテージには2つのタルが生成される

略奪者の拠点が正式実装

  • 「略奪者の拠点」が正式に実装された
  • 1.10と違い、黒い旗ではなく邪悪な村人の旗が生成されるようになった
  • 1.10より生成頻度が下がった
  • 地面に埋まりすぎた状態で生成されることはなくなった

竹林がついに正式実装

  • あまりに遅すぎたと思うが、「竹林」が、今この時をもって、やっと正式に実装された

シード値セレクターの選択肢が大幅に減った

  • 村が新しくなったりしたので、シード値セレクターの多くの選択肢が使えなくなった

ゲームプレイに関する追加/変更点

村人の取引システムが大幅進化

  • これが新しい取引画面だ
  • 左に取引できるアイテムの一覧が表示されている
  • 何度か取引していると、在庫が切れて取引できなくなる
  • 新しい村人は、実際に労働することによってアイテムを補充する
  • この画像の場合は革職人なので、村の革工場(大釜のある場所)で仕事をさせてあげよう
  • 取引をすると村人の経験ゲージがたまり、村人がレベルアップする
  • 職業によって最大レベルは異なり、例えばこの画像で写っている司祭はレベル5まであった

[試験的] 襲撃イベントが試験的実装

  • 試験的なゲームプレイをONにしたワールドでのみ、襲撃イベントが体験できる

襲撃イベントの始まりとウェーブ

  • 邪悪な村人のキャプテンを倒すと「不吉な予感」のステータス効果が付与される
  • 不吉な予感状態のプレイヤーが村に入ると、村の近くに襲撃グループが出現する(少なくとも1つの有効なベッドと1人の村人が必要)

  • 襲撃イベントが始まると、画面上にピンクの体力ゲージが出現する
  • 邪悪な村人たちを倒せばゲージが減っていく
  • 邪悪な村人たちを倒してウェーブを終わらせると、角笛のような音が鳴り、次のウェーブが始まる
  • Java版とは違い、難易度によって襲撃イベントのウェーブ回数が変わる(イージーでは3ウェーブ、ノーマルでは5ウェーブ、ハードでは7ウェーブ)
  • 既にいた邪悪な村人が追加で参加することはできない
  • それぞれのウェーブでは以下のMobが出現する
出現するMob ウェーブ1 ウェーブ2 ウェーブ3 ウェーブ4 ウェーブ5 ウェーブ6 ウェーブ7
略奪者 4 3 3 4 5
ヴィンディケーター 2 4 2 6
ラヴィッジャー(ビースト) 1 1
ウィッチ 3 1 1
エヴォーカー 1 1 2
ラヴィッジャーに乗った略奪者 1 1
ラヴィッジャーに乗ったエヴォーカー 1

襲撃イベントの終わりについて

  • 村人が全員倒されるか、ベッドが全て壊されると、上のゲージに「敗北」と表示される
  • すると邪悪な村人たちは手を上げたりジャンプしたりして喜ぶ
  • ベッドが全て破壊されてから再設置され、それからまた襲撃が始まっても、残っていた邪悪な村人たちはカウントされない
  • もし子供の村人が1人でも残っていれば襲撃イベントは終わらない。彼らは子供を攻撃できないからだ
  • 最終ウェーブの邪悪な村人たちを全て倒した場合、奴らを倒したプレイヤー全員に「村の英雄」のステータス効果が付与される
  • 村の英雄効果が持続する間は村の取引がお得になる
  • 襲撃に耐えた村人たちは花火を上げ、ゲージには「勝利」と表示される

[試験的] 邪悪な村人のパトロールが試験的実装

  • 試験的なゲームプレイをONにしたワールドでのみ、2~5人の邪悪な村人たちがワールドをパトロールする
  • そのうちの1人がキャプテンで、倒すと不吉な予感の効果が付与される

[試験的] 襲撃イベントに関するステータス効果が試験的実装

  • 試験的なゲームプレイをONにしたワールドでのみ、「不吉な予感」と「村の英雄」のステータス効果が使えるようになった
  • 不吉な予感は襲撃イベントのきっかけ、村の英雄は襲撃イベントの勝利報酬で、村の取引がお得になる


ブロックやアイテムの追加、変更点

矢細工台が正式実装

  • 矢細工台が試験的なゲームプレイOFFでも入手可能になった
  • 材料は木材x4と火打ち石x2
  • 村に設置すれば職場のない村人を矢細工師にすることができる
  • 残念ながらこれはプレイヤーではなく村人のためのブロックなのだ

鍛冶台が正式実装

  • 鍛冶台が試験的なゲームプレイOFFでも入手可能になった
  • 材料は木材x4と鉄インゴットx2
  • 村に設置すれば職場のない村人を鍛冶屋にすることができる
  • 残念ながらこれもプレイヤーではなく村人のためのブロックなのだ

新植物「甘いベリーの低木」と新食べ物「甘いベリー」が正式実装


書見台でページをめくるとレッドストーン信号を出すように


足場を支え無しで6ブロック置けるように

  • 足場を支え無しで6ブロックまで横に繋げられるようになった

  • かまどにホッパーをつないで精錬した際の経験値が保存されるように


    製図台が正式実装


    石臼が正式実装


    たき火が正式実装、料理機能や煙などが追加

    • 「たき火」が正式実装された
    • 材料は原木(樹皮状態でもいい)x3、石炭または木炭x1、棒x3
    • 最初から火がついた状態で設置される
    • 光源レベルは15(ランタンと同じ)
    • 壊すと木炭x2を落とす。シルクタッチならそのまま回収できる
    • たき火の煙は普通10ブロックぶんしか上がらないが、下に干し草の俵を置くことで25ブロックぶんぐらいまで煙を高くすることができる
    • タップで肉を設置することで、生の牛肉、鶏肉、兎肉、豚肉、羊肉、タラ、鮭、ジャガイモ、コンブを焼くことができる
    • 調理には30秒もかかる。終わったらポイッと放り出される
    • 時間はかかるが燃料は必要ないのでサバイバルに役立つかもしれない

    コンポスターが正式実装

    • 新しい村の畑に設置されている「コンポスター」は、今回のアップデートで正式実装された
    • こちらに書いてある材料をタップで入れれば、ポドゾルのように混ぜられていき、白い粉が浮き上がる
    • 例えばパンなら8個ぐらいで骨粉が出来上がる
    • 白い粉が浮き上がったらタップで骨粉を回収しよう
    • 材料はホッパーで入れても構わないが、ホッパーは上からしか入らないので注意
    • 下にホッパーをつければ骨粉の回収もできる

    コマンド・アドオンに関する追加・変更点

    mobeventコマンド追加、襲撃やパトロールや行商人を設定可能


    resupplyコマンド追加、村人の取引アイテムを補充できる


    アドオンの機能がいろいろ改善された


    システム・総合的なことに関する追加/変更点

    選んだスキンが色々なデバイス間で同期されるように


    ワールドを開いた時にチャットの開き方が案内されるように


    設定画面に「アクセシビリティ」画面が追加


    遊び方が村のアップデートに合わせて拡充された


    新テクスチャが板ガラスなどより多くのブロック/アイテムに適用された


    スポンサーリンク

    毎度毎度ツイート、コメント等ありがとうございます。Twitterではブログの更新状況など色々呟いてます。気軽にフォロー下さい。

    この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

    スポンサーリンク

    コメント