投稿日:
最終更新:

Hytale: 対応ゲーム機・MOD・対象年齢など、よくある質問まとめ

マインクラフトとMODの仕組みが全く異なる点に注意

2021年リリース予定の「Hytale(ハイテール)」について、よくある質問とその回答をまとめた。開発中のため未確定な部分も多いが、プレイスタイルを検討する手がかりになれば幸いだ。

スポンサーリンク

 

 

※以下のQ&Aは、2020年2月22日 13:58時点のHytale公式サイトの情報に基づいています。

 

ゲーム内容に関する質問

リリース日は?

2021年。(2020年2月22日現在)

2018年12月に公開されたFAQでは「プレイヤーの期待と我々の野望に値する第一印象をお届けすることを確実にしたい」「開発体制を強化しているので安心して」とされていた。それから約一年が経過してもリリース予定時期ははっきりしなかったが、2019年11月の開発進捗報告において、「プロジェクトの規模と高い目標を鑑みて、Hytaleは2021年にみなさんがプレイ可能になる」と発表された。

同時に、「これが皆さんの予想より長いことは認識しているが、我々の作れる最高のゲームを届ける責任があり、必要な期間について現実的に考えることが重要」「コミュニティの皆さんの関心が、我々が目標を追うことの大きな助けになっている」とも書かれており、無責任に予定を後ろ倒しにしているわけではないことはよくわかる。

 

どんなモードが含まれているの?

メインのモードは3つ。

アドベンチャーモード
自動生成されるファンタジー世界を、一人もしくはフレンドと一緒に冒険できる。
ミニゲーム
PvPとco-op(協力プレイ)のスキルを競い合う。
クリエイティブツール
様々な種類のコンテンツを、プレイヤー自身が作れる。

 

マインクラフトと同様、コミュニティサーバーを作ることができる。サーバーでは思い通りのやり方でHytaleを楽しむことが可能だ。各ゲームモードの詳細は、公式サイトで詳しく解説されている。

 

どのプラットフォーム(機種)で遊べるの?

対応が確定している機種
  • PC(Windows)
  • Mac
サーバーなら動かせる
  • Linux

 

この他のプラットフォーム(スイッチやPS4などのゲーム機)については、「開発中に可能性を検討する」とされている。同時に「今はPCとMac向けの開発にフォーカスしている」とも。

 

日本語には対応する?

未定。「続報をお待ち下さい」とのこと。

 

ユーザー名/プレイヤー名をあらかじめ決めたいんだけど

Hytaleのユーザー名は重複ができない仕様となることが発表されている。

なお2018年12月のFAQに「今後数ヶ月内のどこかのタイミングでユーザー名予約システムが使えるようになる」とあるが、未だにシステムは公開されていない。

 

レーティング(対象年齢)はどうなる?

まだ審査はされていないが、(ESRBの)「T」を想定しているとのこと。これは米国における「13歳以上対象」だが、日本のCEROの基準はESRBと異なるためなんともいえない。

出血や欠損表現といった要素は現在公開されているスクリーンショット・動画では見当たらないので、そこまで高い対象年齢になることはないだろう。

 

ペアレンタルコントロール機能は実装される?

「オンライン上の支払いやカスタムコンテンツへのアクセスを制限できる包括的なツールを実装予定」とされている。同時に、「他のオンラインゲームと同様、お子さんが触れるコンテンツや他人との交流 に注意してほしい」と開発側は呼びかけている。

 

無料ゲームになるのか、有料ゲームになるのか?

「ビジネスモデルの詳細はまだ確定していない」「決まったら詳細をお伝えする」とのこと。

ちなみに、似たゲームで「無料」といえばTroveを思い浮かべる人も多いだろう。「Trove」は基本プレイ無料ながら、レベル上げ短縮などのゲーム内課金で収益を上げている。

 

フレンドのワールドに参加できる?

答えは「イェス」。フレンドリスト機能があり、今遊んでいるサーバーが表示されるだけでなく、フレンドの世界に参加することもできる。

 

ベータ版は出るの?

▲こちらのリンクからメールアドレスを入力することで、ベータ版の事前登録ができる。実施時期などは発表されていない。

 

マイクラのHypixelサーバーのミニゲームとの違いは?

「名前が似ているな」と思っていた方も多いかもしれないが、なんと「Hytale」は「Hypixel」を開発していた人達によって作られているのだ!(厳密にはRiot Gamesと共同開発)

すでにサーバーがあるのに、どうして独立したゲームを作ろうと思ったのか。その理由は「最初からミニゲームを前提にシステムを作ること」にある。

  • Hytaleは、ミニゲームを前提として設計されている。すなわち開発側とコミュニティのクリエイターがより自由に創造性を発揮できる
  • Hypixelサーバーの開発はマインクラフトのシステムに制約されていた

また、システムをミニゲーム前提で開発したことで、チート対策・クライアントの最適化など、マインクラフトではできなかった様々なことが可能になっている。

 

マイクラのHypixelのミニゲームサーバーは終了するの?

答えは「ノー」。Hypixelのサーバーのサポートは、今と同じように続行される。公式サイトによれば、2016年の時点で、HypixelチームからHytaleへメンバーが移動していたのだ。

 

HypixelのデータをHytaleに移行できる?

残念だが、Hytaleは完全に新しいゲームなので、移行できるものは無い。

 

Hypixel Inc. とHypixel Studiosの違いは?

  • Hypxel Inc. ― Hypixelサーバーを運営する会社
  • Hypixel Studios ― Hytaleを開発するために作られた会社

 

Hytaleの開発についての最新情報を得たい

公式サイトでも最新情報は随時公開されるが、以下にハイテール公式のSNSアカウントをまとめたので、合わせてチェックしよう。(現時点で日本語の情報発信はされていない)

 

PvPについてもっと知りたいんだけど

PV等で、PvPについては深く触れられていない。これは開発チームが「PvPコミュニティが我々に高い期待を寄せていて、リクエストやフィードバックに応えられる機会を確保したい」からだそうだ。彼らは同時に、PvPを楽しく公平にするために、コミュニティのリーダーや専門家と協議している。

 

技術的な質問

Hytaleは何のエンジンで動いているの?

「専用のカスタムビルトエンジン」で動いているとのこと。既存の汎用的なゲームエンジンでは、Hytale開発チームが作りたいハイエンドなブロックゲームを作れないと判断したそうだ。

なお公式サイトによると、クライアントはC#、サーバーはJavaで書かれている。

 

二段階認証は実装される?

アカウント作成時に、任意でアプリを介した二段階認証が使えるとのこと。

 

MODには対応する?

Hytaleは「最初からユーザーがコンテンツを作る」ことを前提に開発されている。つまり、マインクラフトとは「MOD」の意味が根本的に異なる。悪用防止のため、ゲームクライアントのプログラムを改ざんすることは禁止され、バージョンも1つしか選べない。

Hytaleはそこに「ユーザーがコンテンツを作れる」機能が加わっているが、システムは普通のゲームと変わらない。つまり「Hytaleは自由度の高いオンラインゲームで、マイクラJava版だけが特別なゲーム」ということ。

こちらは公式サイトで公開されているロード画面だ。カスタマイズコンテンツは、サーバー接続時に必要に応じて自動でダウンロードされ、クライアント側に適用される。

結論として、Java版における「MOD」に相当するものはなく、代わりにアプリ版マインクラフトの「アドオン」をサーバー側に導入するのに近いことができる、と考えればいいだろう。

 

じゃあ一体何をカスタマイズできるの?

Hytaleではクライアントは改造できないが、サーバー側のコンテンツは改造できる。現時点で分かっている限りでは、以下の項目をカスタマイズ可能だ。

  • テクスチャ
  • アニメーション
  • 武器やキャラクターのモデル
  • 天候

 

例えば「天候」については、強力なカスタマイズ用UIで簡単に空の色などを決めることができる。マインクラフトなら画像編集ソフトなどが必要な部分も、Hytaleならゲーム内のUIでカスタマイズ可能なのだ。

 

自分でサーバーを運営できるの?

答えは「イェス」だ。アドベンチャーモード、ミニゲーム、それ以外のサーバーも作成可能とのこと。

こちらは開発中のサーバーブラウザ画面だ。モードや言語、タグでサーバーを絞り込んだり、お気に入りに登録したり、並び替えができるとのことだ。

 

公式サーバーはどこに設置される?

できる限り低遅延でプレイできるよう、プレイヤーの接続先を簡単に切り替えられるようにしているとのこと。

 

必要最小スペックは?

未定。

2018年末のFAQでは「ローエンドのオンボードノートPCで、デフォルトの描画距離でプレイできる」と書かれている。(Intel Iris Graphicsとかのこと) 同時に、ハイスペックPC向けのグラフィック設定も用意しているとのこと。

 

YouTuber/ブロガーなどに関する質問

Hytale公式の画像や動画をチャンネルで使っていい?

答えは「イェス」だ。PVを含めて、公式サイトの動画や画像はリアクション、分析、コメンタリーの目的なら使用可能だ。

 

スクショ、壁紙、コンセプトアートが欲しい

こちらのメディアページで、公式のスクリーンショット、壁紙、コンセプトアートを閲覧可能だ。

ブログページでも随時新しいスクリーンショット等が公開されているので、チェックしよう。

 

Hytaleのコンテンツを収益化していい?

2018年12月のFAQによれば、以下の通りだ。

あなたのHytaleに関するコンテンツやサービスを作成し、収益化することが可能です。ゲーム内コンテンツの作成に関するルールとガイドライン、我々のIPに関する基本的なやっていいこと・だめなことの簡単な一覧を公開する予定です。これらのルールは、ユーザーのセキュリティの改善、過激なコンテンツの防止、迷惑行為の排除などを目的とし、我々のサーバー運営の経験とコミュニティメンバーとの協議の上で作られる予定です。我々のガイドラインは同意しやすいものになるでしょう。Hytaleの目標の中心は、すべてのコンテンツクリエイターに可能性を与えることであり、各クリエイターの情熱がクリエイター自身をサポートできるようにすることを我々は望んでいます。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメント

更新を休止しているため、記事の内容が最新のものと異なる場合があります。なお管理人は多忙のため、コメント対応や記事の更新ができません。ご了承ください。