公開: 2016/08/02最終更新: 2021/03/07

PC版のテクスチャをPEで使う方法 – リソースパックをPE向けに変換するアプリの紹介

0

PC版のテクスチャをPEで使う方法

マイクラPEのアップデート「0.15」で、ついにリソースパック(ゲーム内での呼称は”テクスチャパック”)が使えるようになりました。しかし… PE向けのテクスチャパックってまだまだ少ないですよね。多彩なリソースパックが使えるPC版が羨ましい… ん? PC版のテクスチャをPE用に変換してくれるアプリとかないの? ― ありました。ということでこの記事では「PC版のテクスチャをPEで使う方法」と題して、UTK.io制作の便利なアプリ「Resource Converter」を紹介します。PC版のリソースパックのzipを用意すれば、パパパッと変換して終わり!

この記事の内容は、記事を作成した時点のものです。(2016年8月2日) 今後アプリの使い方が変わったり、ダウンロードできなくなる可能性もありますのでご注意下さい。

 

PC版のテクスチャをPE用に変換してくれるアプリ「Resource Converter」はAndroid専用です

テクスチャパックの選択画面

マイクラPEの大型アップデート「0.15」。もう一ヶ月以上前のことなんですね。ウマやピストンの影に隠れて「リソースパックの読み込み」機能が追加されましたが… 残念ながら公式が提供した二つは有料でしたし、PE向けリソースパックもあまり作られていません。

PC版はいいなぁ

検索して出てくるのはPC版向けのものばかり。まあ何年もの歴史の差がありますから当然なんですけどね… ところで、これらのPC版向けテクスチャがPEで使えたらどれほど嬉しいことでしょう。 って、もう実現してるんですけどね。

Resource Converter

こちらがそんな夢を叶えてくれるアプリ、「Resource Converter」です。制作はマップとかダウンロードできるこのアプリを作った「UTK.io」。

このアプリはAndroid専用です

今更ですが、iOSユーザーの皆様申し訳ありません! このアプリはAndroid端末専用なんです。
そうそう、安めのAndroidタブレット探してる方、「SHIELD Tablet K1」ってめっちゃコスパ良いですよ。PCゲームをリモートプレイできる独自機能付き。

 

アプリのダウンロードとインストール、野良アプリなので注意

この「Resource Converter」は、2016年8月2日時点ではまだGooglePlayで配信されているのではなく、サイト上でapkファイルをダウンロードしてインストールする、いわゆる”野良アプリ”です。

設定を変えておきましょう

ということでこのアプリはAndroidの設定→「セキュリティ」→「提供元不明のアプリ…」をONにしておかないとインストールできないのでご注意下さい。

 

「Resource Converter」のダウンロード
アプリのダウンロード
http://eckoxsoldier.com/mcpe-0-15-0-convert-any-pc-texturepack-minecraft-pocket-edition-0-15-0-pc-texturepack-converter/

▲Adf.lyが出てきますが慌てず騒がず落ち着いてSKIP ADをタップしましょう。

apkを開いてインストール

落ちてきたapkを叩けばインストールできます。はい。

 

まずは解像度がx16のリソースパックを用意しよう

さあ、PC版のリソースパックをダウンロードしまくろう! …というわけにはいかないんです。マイクラPEはまだ高解像度なテクスチャ(x32やx64など)に対応していない →訂正、対応はしていますがPC版のx32のテクスチャを変換して成功したことがないので、解像度が16×16のリソースパックを探すことをおすすめします

Curseドーン

そこで登場するのが「Curse」。MODをダウンロードする際によく目にするあのサイトです。あそこってリソースパックの配布場所でもあったんですね。

x16のリソースパックだけ探せるページ
https://mods.curse.com/texture-packs/minecraft/category/sixteen-x

解像度でリソースパックを絞り込める

上記リンクから、x16のリソースパック一覧にアクセスできます。解像度で絞り込んで、さらにダウンロード数などで並び替えてテクスチャを探せる、それがCurseです。

PixelPerfectionを使います

今回は、こちらの「Pixel Perfection」ってリソースパックを使ってみます。(リンク) XSSheepさん、素晴らしいリソースパックをありがとうございます!

ダウンロードボタン

ダウンロードボタンは右上。Adf.lyとかを経由せずに直接ダウンロードさせてくれる親切なCurse。プレミアムユーザーのおかげですね…

 

アプリを使ってリソースパックを変換! さらにPEで使えるようにしてくれる

x16のリソースパックをダウンロードできたら、いよいよアプリ「Resource Converter」の出番です。

PICK A PC RESOURCE PACK .ZIP

アプリを起動したら、まずPICK A PC RESOURCE PACK .ZIPをタップ。 リソースパックを選択

するとフォルダー一覧が出てくるので、下の方のDownloadフォルダーを開きましょう。中に先程ダウンロードしたリソースパックのzipがあるのでタップ。

変換ボタンをタップ

上にリソースパック名が表示されるので、確認してCONVERT…(以下略)をタップしましょう。

Apply

変換が成功した旨のメッセージが表示されたら、APPLY…(以下略)をタップすれば自動でPEにインストールしてくれます!

PEを起動

PEの起動ボタンまで用意してあるという親切設計。

リソースパックが追加されている

マイクラPEを既に起動している場合はアプリを再起動しましょう。設定→テクスチャ パックの管理ボタンを押せば、変換したリソースパックが出現しているはずです!

いやー素晴らしい

お見事、綺麗にPC版のテクスチャを使えました! ツール制作者のUTK.ioの皆様、それからテクスチャ制作者のXSSheep氏に感謝です!

 

PEが起動しなくなった時の対処法

クラッシュ

間違えて高解像度のテクスチャを変換してインストールすると、マイクラPEが落ちちゃうんですよね…

このテキストを消しましょう

もしそうなってしまった場合は、ESファイルエクスプローラーなどのアプリでsdcard→games→com.mojang→minecraftpe→resource_packs.txtを削除してからPEを再起動しましょう。


記事がお役にたったら...
フォローをお願いします
コメントを見る


おすすめ記事

No Image
(XboxOne) 影DLC同梱パッケージ版の発売日が「未定」に延期
公開: 2017/11/18最終更新: 2021/03/07
No Image
期間限定!「MINECON Earth 2017 スキンパック」無料配信中
公開: 2017/11/15最終更新: 2021/03/07