スマホとスイッチでマルチプレイ/フレンド追加/名前変更する方法 [Minecraft]

スマホ・タブレット・Windows10・XboxOne・NintendoSwitchで配信中の統合版「Minecraft」では、遠く離れた友達とマルチプレイする機能が用意されています。「フレンドってどうやって追加するの?」「そもそもXboxLiveアカウントって何?」「どうやってアカウントを作成するの?」など色々疑問をお持ちの方もいるはず。(というかTwitterで度々質問を頂いたので記事にしました) この記事では、スマホ・タブレット・Windows10・XboxOne・Switchで『マイクロソフトアカウント』を作成してサインインし、友達を検索してフレンドに登録して、遠く離れた場所の間でマルチプレイをするまでの手順を分かりやすく解説します。

関連記事: 何が変わるの? 「SwitchEdition」と新しい「Minecraft」の違いをまとめました

https://napoan.com/difference-of-switch-bedrock/

スポンサーリンク

 

この記事は「統合版」向けに書いています。Switchでは新しい方のソフトを起動してください

この記事で解説している簡単なマルチプレイができるのは、iOS/Android/Kindle/Windows10/XboxOne/NintendoSwitchの「Minecraft」だけです。これらの新しい「Minecraft」は、スマホ版ベースに仕様が揃えられており、オンラインで一緒にマルチプレイできます。Java版やその他のゲーム機版では使えませんのでご注意ください。

NintendoSwitchの場合は新しい方のソフトを使ってください

クロスマルチプレイは、従来の「NintendoSwitchEdition」では使えません。新しい方を開いてください。

 

NintendoSwitch同士なら、マイクロソフトアカウントは不要です
スイッチだけでオンラインマルチプレイする場合は、今までどおりスイッチのフレンドを招待してマルチプレイ可能です。

 

※以下の方法でマルチプレイするのは無料です。お金がかかるのは、Realmsというレンタルサーバーサービスを使った時だけです。

 

ステップ1. 『Xbox Liveアカウント(MSアカウント)』を作成してサインインしよう

まずは「XboxLiveアカウント」、すなわちマイクロソフトアカウントを作成する手順を解説します。端末固有のアカウントではなく「マイクロソフトアカウント」を使うから、一緒にマルチプレイできるのです。

「XboxLiveアカウント」=「マイクロソフトアカウント」

マイクロソフトアカウントは、OfficeやWindowsでも使うアカウントです。作っておけば色々なサービスで使えますよ。

タイトル画面下のサインインをタップ。(スイッチの場合は「マイクロソフトアカウントでサインイン」と書かれています)

スイッチの場合は、こんな画面が表示されます。表示されたURLにスマホ等でアクセスして、表示されているコードを入力し、サインイン画面を開いてください。(ここからスマホでの作業になります!)

※スマホでサインインしたのに、スイッチ側の画面が切り替わらない方。それは普通です。内部ではサインインできているので、Bボタンでアドレスの表示を閉じてください。


スマホやタブレットの場合は、ゲーム内にそのままサインイン画面が表示されます。スイッチの場合は、表示されたアドレスにアクセスするとこの画面が出ます。もしMSアカウントを既に持っている場合はここでサインインして下さい。

持っていなくても大丈夫。下にお持ちでない場合は作成できますと書かれているので、「作成」をタップしましょう。

メアド入力欄が出てきますが無視して、下の「新しいメールアドレスを取得」をタップします。

さあ、マイクロソフトアカウントのメールアドレスを好きに作っちゃいましょう。「○○○@outlook.jp」または「○○○@outlook.com」または「○○○@hotmail.com」の形式で、使われていない物なら自由に作成できます。

今回私は「napoan3@outlook.jp」というアドレスを作ることに決めました。「次へ」をタップ。

パスワードを決めます。パスワード入力後、「次へ」をタップすると利用規約に同意したことになるのでご注意。

名前を入力しましょう。(※これはプレイヤー名にはなりません。あくまでアカウントの名義です)

国/地域と生年月日を入力。「次へ」をタップすると、文字を入力して人間か確かめるアレが出てきます。

ペアレンタルコントロールに注意
XboxLiveには、ニンテンドーアカウントのように「保護者」「子供」の区別があり、保護者とお子様を紐づけして「ファミリー」を設定し、ペアレンタルコントロールできる仕様になっています。ですから、先に保護者のアカウントを作成することをおすすめします。

「では、始めましょう!」…って、ちょっとまって! このままでは、自動生成されたクソダサいプレイヤー名になってしまいます。変更しなくては。

 

ステップ2. 自動生成されたプレイヤー名を、自分好みに変更しよう

「勝手にゲーマータグが決められてしまった!」「MSアカウントは持ってたけど、ゲーマータグなんて設定した覚えはない!」そんな人は、以下の手順でゲーマータグを変更しましょう。1回変更すると、2回目以降の変更は有料です。


ゲーマータグの変更には、「Xbox」アプリを使います。スマホにインストールしましょう。(スイッチの場合もアプリが必要です。スイッチだけでは作業が完結しません) Windows10の場合、Xboxアプリは最初から入っています。

Xboxアプリを開いて、「サインイン」をタップします。そして先程作成したアカウントでサインインしましょう。

さあ、ゲーマータグを変更します。アプリ左上のメニューボタンをタップし、一番上の、自分のプレイヤー名をタップしましょう。

プロフィール画面が出てくるので、「カスタマイズ」をタップします。

「ゲーマータグを変更」をタップ。

さあ、新しいプレイヤー名を入力しましょう。この名前がクロスマルチプレイで表示されます。繰り返しますが2回目以降の変更は有料です。慎重に決めましょう。

ちなみに、他人と同じゲーマータグは使えません。ゲーマータグを入力したら、下の「使う」をタップします。

カスタマイズ画面左下の「保存」をタップ。

メニューを見てみるとゲーマータグが変わっているはずです。お疲れ様でした。

 

ステップ3.「ゲーマータグ」でユーザーを検索してフレンドに追加しよう

遠く離れた友達とマルチプレイするには、「フレンド」への追加が不可欠です。マルチプレイする相手にも上記の手順でアカウントを作成してもらい、"ゲーマータグ"を教えてもらいましょう。

先程のアカウント作成完了画面の「フレンドを検索」ボタンや、タイトル画面のプレイ→フレンド→フレンドを追加ボタンからゲーマータグでフレンドを検索しましょう。

ゲーマータグを入力して、該当する人のプロフィールが出てきたら「フレンドを追加」をタップします。

フレンドの上位版の「お気に入り」ってのもあるみたいですが、ひとまず「フレンド」という扱いでいいでしょう。OKをタップすればフレンドに追加されます。簡単でしょ。

 

ステップ4. ワールドのマルチプレイヤー設定を確認しよう

フレンド登録OK、よりマルチプレイだ… ちょっと待った! 確認しなければいけない設定があります。一緒に遊びたいワールドの編集ボタンを押してください。

左の設定一覧からマルチプレイヤーを選んでください。

マルチプレイヤーをONに

上のマルチプレイヤー ゲームをONにしてください。これでフレンドを招待したり、フレンドが参加したりできるようになります。また、LANプレイヤーに表示をONにするとフレンドに追加していなくても同じLANに繋げば表示されるようになります。

公開範囲の設定

さらに、ワールドの公開範囲も設定できます。「招待のみ」「フレンドのみ(フレンドは乱入できる)」「フレンドのフレンド(まで乱入できる)」から選びましょう。

 

ステップ5. フレンドを招待したり、メニュー画面から参加してもらおう

招待するには

フレンドをワールドに招待するには、ワールドに入ってからポーズメニューを開き、ゲームへ招待を押します。

ワールドに招待したいフレンドを選択して、○個の招待を送信 を押しましょう。すると招待したフレンドに通知が届きます!


「フレンド」のワールド一覧に表示されるには

また、タイトル画面の「フレンド」タブからフレンドのワールドに参加することもできます。しかしこのワールド一覧には、一方的にフレンド追加しただけの人のワールドは表示されません。相手に自分のゲーマータグを教えて、相手が自分をフレンド登録して初めてその人のワールドが表示されるようになります。

しかしこのシステム、自分が知らぬ間に色々な人にフレンドに登録されていて、フレンドタブがカオスという事にもなりえます。ゲーマータグの公開は慎重に。

 

プレイヤーごとの細かい権限の設定方法。OP権限を与えるには?

バージョン1.2では、ワールド内のプレイヤーごとに細かく"権限"を編集できるようになりました。例えば「建築と採掘」「ドアやスイッチの使用」「プレイヤーへの攻撃」などの行動を制限できるんです。便利でしょ!

プレイヤーの権限ボタン

権限を編集するには、ポーズメニューのプレイヤーの右の☆や王冠などのマークを押します。(権限レベルによりアイコンが変わります)

権限レベル

権限の設定画面はこんな感じ。「ビジター」「メンバー」「オペレーター」の中から選んで簡単に行動を制限できるほか、各項目を個別にON/OFFすることも可能です。(個別にON/OFFすると「カスタム」という扱いになります)

項目名 ビジター メンバー オペレーター
建築及び採掘 いいえ はい はい
ドアおよびスイッチの使用 いいえ はい はい
入れ物の開閉 いいえ はい はい
プレイヤーへの攻撃 いいえ はい はい
モブへの攻撃 いいえ はい はい
オペレーター(OP権限) いいえ いいえ はい
テレポートの使用 いいえ いいえ はい

 

「オペレーター」をONにしないと、大抵のコマンドは実行できません。(helpやtellなどの例外もあります)

 

一緒に遊べる最大人数を設定するには

ワールドで同時に遊べる最大のプレイヤー数を設定するには、以下のコマンドを使います。

setmaxplayersコマンド
/setmaxplayers 人数

setmaxplayersコマンドの実行には、オペレーター権限が必要です。

スポンサーリンク
Join

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメント