NAPOAN.COM by マイクラ思考 
/ UPDATE :

Intel MacのBootcampでWindows11を動かす方法 (TPM2.0を回避)

パラレル/VirtualBoxなどのエミュレーターを使わず、 Windows11のTPM2.0のチェックをバイパス(回避)することで、Intel Macに無理やりWindows11のInsider Preview版を入れる方法を紹介する。

あくまで自己責任で行ってほしい。

Insider Programに参加

https://insider.windows.com/

プログラムの参加方法の詳細は割愛する。

設定でInsider Programアプデの受信を有効に

f:id:sasigume:20210707203528p:plain

お使いのPCはWindows 11の最小ハードウェア条件を満たしていません。チャネル オプションは制限されます。

Intel Macには物理的にTPM2.0が実装されていないため、そもそも「Dev」チャネルが選択できず、Windows11(のプレビュー版)が降ってこない。 ので、レジストリをいじる。

TPM2.0のチェックなどをバイパスする

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMSetupLabConfig]
"BypassTPMCheck"=dword:00000001
"BypassSecureBootCheck"=dword:00000001

上記のファイルをBypassTPMandSecureBootCheckForWin11.regとして保存して実行。(別にファイル名はなんでもいい)

f:id:sasigume:20210707205432p:plain

該当するDWORD(32ビット)値が追加されていることを確認する。

Devチャネルに強制的に変える

しかし、これでInsider Programのチャネルは変わらないので、また別のレジストリで無理やりDevチャネルに変える。

レジストリエディタで以下のキーを開く。

HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsSelfHostUISelection
f:id:sasigume:20210707213115p:plain

そしてUIBranchDevにする。

次に、また別のキーをいじる。

HKEY_LOCAL_MACHINESOFTWAREMicrosoftWindowsSelfHostApplicability
f:id:sasigume:20210707210117p:plain

以下のように編集する。(ContentTypeとRingはいじる必要ないかもしれない)

名前内容
BranchNameDev
ContentTypeMainline
RingExternal

そしてWindowsからサインアウトする。

f:id:sasigume:20210707210250p:plain

設定アプリのInsider Programを開くと、「Devチャネル」に変わっている。

更新中にdllをすり替えてさらにTPMチェック回避

f:id:sasigume:20210707211210p:plain

Windows Updateの更新を確認すれば、Devチャネル用のWindows 11が降ってくるはずだ。再起動が保留になっている別のアプデがあると、すぐには表示されない。まずはそちらを消化してからにしよう。

f:id:sasigume:20210707212941p:plain

Windows11のダウンロードが始まると、途中(8%のあたり)でインストーラーが起動する。しかし「TPM2.0とセキュアブートがないやんけ!」と怒られる。仕方がないのでいったんキャンセル。

さっきのレジストリでアプデ前のチェックは回避できたんだが、アプデのインストーラーはそんな不正を見逃さないようだ。

あきらめるのは早い!Windowsコミュニティの恐ろしいギークたちが、dllをすり替えるという最終手段を用意してくれている。

以下のリンクから、appraiserres.dllをダウンロードしよう。

https://egpu.io//srv/www/doanryo.com/releases/20220304193247/web/app/uploads/2021/06/appraiserres.zip

で、これをAppraiserRes.dllにリネームする。もう一度言う。AppraiserRes.dllにリネームする。忘れないで!!

そして以下のフォルダを開き、dllをすり替える。

C:$WINDOWS.~BTSources

アドレスバーに入れりゃ一瞬だ。すり替えたら、再起動する。

f:id:sasigume:20210707211936p:plain

Windows Updateの画面で「再試行」をクリックする。またダウンロードが始まった。

f:id:sasigume:20210707214803p:plain
f:id:sasigume:20210707232940p:plain

最終的には正常にアップデートされ、夢のWindows11ライフが送れるはずだ!

参考

https://winaero.com/how-to-enable-windows-11-dev-channel-on-unsupported-device/

Tweet

コメント

記事の内容が最新のものと異なる場合があります。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。