投稿日:
最終更新:

建築センスが欲しいあなたへ。てんやわんや街長のマイクラ建築本が素晴らしい内容だったのでレビュー。 [Minecraft]

てんやわんや街長ナポアンドットコム本レビュー

皆さん、マイクラのリアルの"本"に触れたことはありますか? 私は一度もありませんでした。何故ならマイクラの本といえば、大物YouTuberを表紙に出して「これが"エンダーパール"だ!」とか言ってるイメージしか無かったので...

ともかく、マイクラ本といえば「とりあえず派手にタイトルつけてファミリー層狙った」みたいな物が乱発されてて、ベテランのクラフターが書いた本があまりに少なかったんです... Wiki見れば分かる常識を、マイクラをちゃんとやりこんだことのない編集社がまとめた"雑誌"じゃなくて、経験の積んだクラフターの"本"が読みたい!

...と思っていたらあのベテランクラフター様が本を出してしまいました。そう、「マインクラフトてんやわんや開拓記」のてんやわんや街長です。マイクラ歴5年間、1500記事以上の経験を活かして執筆された真の「建築パーフェクトブック」と言える内容でした。感動しちゃったので勝手に紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

 

その前にてんやわんや街長ってどんな人?

マイクラのブログ界で最も著名であろうてんやわんや街長(ちょうちょう)の「マインクラフトてんやわんや開拓記」。まだ読んだことの無い方のために、てんやわんや街長のご紹介を勝手にさせていただきます。


てんやわんや街長の最初の記事
(▲こちらの記事のキャプチャです)

てんやわんや街長が最初の記事を投稿したのが2011年6月8日。私が最初の記事を投稿したのが2013年9月1日ですから、私より二年以上歴史の長いブログ様なのです。

てんやわんや街長5周年
(▲こちらの記事のキャプチャです)

そして先月、てんやわんや街長のブログはついに5周年を迎えられました。なんと5周年の時点で記事数は1576エントリー! 私が約3年でたったの300記事ちょっとなので、街長のブログに対する熱意、それから根気は私の何倍なのでしょうか。


開拓まとめ
(▲こちらの記事のキャプチャです)

私がマイクラを始めた頃、他にも建築系ブログはいくつかあったのですが、てんやわんや街長に惹かれた一番の理由はこれ。この壮大な地図! ワールドにそれらしい地名が割り振られ、発展の様子を非常に分かりやすく、定期的にまとめられているのです。昔の「開拓まとめ」記事を順番に振り返って読むのが楽しい。

 

てんやわんや街長に憧れてマイクラ日記を書いた男の末路
マイクラ日記70
https://napoan.com/44200124/

このブログも最初はてんやわんや街長に憧れて始めたマイクラ日記だけだったのですが... 次第にやる気が無くなり、現時点での最新回は「一ヶ月、土と向き合い続けた男の物語」とかいう理解不能なしょうもない落書きと化しておりますので読んで貴重な時間を無駄になさらないようご注意下さい。


センスがすごい1
(▲こちらの記事のキャプチャです) センスがすごい2
(▲こちらの記事のキャプチャです)

...私ナポアンドットコム日記の事はほっといて、とにかくてんやわんや街長の建築センスにはいつも脱帽させられます... 建築を眺めているだけで十分勉強になるのですが、てんやわんや街長は"建築の先生"として書籍か何か書けばいいのに... とずっと思ってました。


こちらが本です

そして今、ついにその願いが叶いました。それでは街長ナポアンドットコム本のご登場です。

 

並大抵ナポアンドットコム本と違う! 圧倒的に丁寧なベテランならではの豊富な解説

どーん

こちらがてんやわんや街長ナポアンドットコム本「できるマインクラフト建築パーフェクトブック 困った!&便利ワザ大全」です。なんとあの「できる」シリーズ。普段は「できるWindows10」とかいう感じですが今回は「できるマインクラフト建築」ということなのです。最近できるシリーズって色々な方向に手出してますよね

 

※私は写真を撮るのが下手ですので、以下の写真は色々見づらいかもしれませんがご了承下さい。(あんまり鮮明にスキャンしたかのような画像を載せるのもどうかなと思ってあえて見辛くしてある、という理由もあります)


筆者プロフィール

なんだこのイカしたプロ画!? どうやらてんやわんや街長の友人さんが描いたらしいです。にしてもリアル紙面で街長のプロフィールを読む時が来るとは...


特典のご案内

この本には3つの特典が付いています。1つ目は解説している建築のワールドデータ! 2つ目は建築をマイクラ内で撮影した動画! 3つ目は様々な旗の作り方や染色カラーチャート! 至れり尽くせりですね。最近のゲーム攻略本はWebと連動するのね...


感謝

「はじめに」の締めのお言葉。いえいえこちらこそ本当に感謝で一杯ですよ...てんやわんや街長がいなければこのブログも誕生していなかったのですから... もしかしたら私もこんな感じで書籍を書く時が来るのかも?


目次

こちらが目次。うひょー、ボリュームたっぷり! この本が並大抵ナポアンドットコム本と違う点は、各テクニックが「ワザ」として細かく分類されている所です。どんな「ワザ」があるのか挙げますと、

  • ワザ018: 装飾系パーツが設置できない場合
  • ワザ029: 定番のキッチンを作る
  • ワザ042: 音符ブロックを家具に活用する
  • ワザ057: 複数の石系素材を混ぜてメリハリの有る壁を作る
  • ワザ104: 松明なしで湧き潰しができる屋根
  • ワザ192: 待ち合わせ用にモアイ風の像を作る
  • ワザ332: 街道のバリエーション
  • ワザ374: 大きな家はフレームから先に作る
  • ワザ399: グランドピアノのある高級レストランを作る
  • ワザ439: 城の門に跳ね橋を付ける

などなど、ワザの数は合計459!「建築大辞典」と言っても良い大ボリュームです。ただ作り方を順番に見せるだけでなく、建築全般に使えるテクニックも織り交ぜて解説してあるのです。ワザの名前を読んだだけでもワクワクしてきますね。


索引から探せます

ワザが多過ぎて探しにくい... そんな事はありません。各技は「街を飾るパーツの建築」「中規模な民家・施設の建築」などの"大項目"と、「建築前に覚えておきたい基本テクニック」「おしゃれな感じのベーカリーを作る」「測量を間違えないようにするには」などの"中項目"に分類されています。さらに、巻末の索引から「テーブル」「橋」などのキーワードでワザを探せるんです。

例えば「橋が作りたいなー」と思ったら「橋」で引けば橋に関するワザを一挙に読めるのです。マイクラで建築するなら携帯しておきたいぐらいの、まさに「永久保存版」といった親切設計!

(▲...たった今誤植見つけちゃいました...iPhoneの機能ってこれiPhoneの解説本のデータ引っ張って作ったんだろうなぁインプレス... 誰に言えばいいんだろ)


丁寧なエディション別の指南

各ワザの解説はこんな感じ。
このワザ18、手込んでるなーと思ったのが「パソコン以外での設置方法」。私だったら「スニークして下さい」の一文で終わるのに上記ワザの解説ではゲーム機版も含めスニークの操作がご丁寧にまとめられています。そういえば言い忘れていましたが、この本はPEやゲーム機版にも対応しています。


細かい解説 細かい解説2 細かい解説3

あんまり出すと怒られるかもしれませんのでワザの紙面はこれぐらいにしておきますが、とにかく圧倒的な細かさ。マイクラのベテランかつ古株のブロガー、ということで非常に分かりやすく、それでいて詳細な解説がたっぷり収録されています。

「これが"エンダーパール"だ!」とか言ってる並大抵ナポアンドットコム本とは格が違いますわ。


設計図やんけ

お、これはこの前ブログで登場したお城! ブログでただ眺めていた建築の詳細が手に取るように分かるわけです。建築ガイドとしてだけでなくファンブック的な感覚で楽しんでるのは私だけでしょうか...

 

巻末のデータ集に感動! これは永久保存版ですわ

丸の作り方など

この本の巻末には、旗の作り方など様々なデータが載っているのですが、中でも特に感動したのがこれ! 巨大樹の記事で見たような、円形の設計図、それから斜面を作る際のブロックの置き方... こんな事載せてるマイクラ本が他にどこにあるでしょうか。


翻訳一覧

さらにさらに感動しちゃったのがこれ。各種アイテムの、エディション別の翻訳名一覧です。例えばPEだと「闇のクォーツ」だったりするのが丸わかり。もうこれだけで本出していいレベル...それぐらい感激しました。

 

てんやわんや街長のブログ内に特設ページがあります

てんやわんや街長ナポアンドットコム本の特設ページ
本の特設ページ
http://www.zombiepigman.moe/books/dekiru/

この本の出版にあたって、筆者のてんやわんや街長はブログ内の特設ページをご用意されてます。


友人に「おすすめナポアンドットコム本教えて」と聞かれたら間違いなくこれをおすすめしますね。まだマイクラ本を読んだことの無い方、それから手持ちナポアンドットコム本に満足できない方、建築センスを磨きたい方、是非読んでみてください。

てんやわんや街長のおかげでマイクラの建築を始め、ブログを始め、そして今の私がいるわけです。加えてこんな便利な本まで... 私もいつかコマンドか何かの書籍書きたいなぁ

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメント

更新を休止しているため、記事の内容が最新のものと異なる場合があります。なお管理人は多忙のため、コメント対応や記事の更新ができません。ご了承ください。