公式の影DLC「SuperDuperGraphicsPack」の開発中止が正式発表 [Minecraft]

様々なデバイスで快適に動かすことはできなかった

E3 2017のXboxブリーフィングにて発表された、Minecraft統合版向けの「Super Duper Graphics Pack」。高解像度なテクスチャ、3D化したレールなどのブロック、そして影や水面の美しい描写が愉しめるとされていたが、その開発中止が、公式サイトにて発表された。

スポンサーリンク

 

Super Duper Graphics Packとは

こちらの動画は、2017年6月のE3で発表されたSuperDuperGraphicsPackの紹介映像。このDLCを適用すると、格段に高解像度なテクスチャ、3D化したレールなどのブロック、そして影や水面の美しい描写が愉しめる、とされていた。

 

これまでに何度も延期されてきた

マイクラが超リアルになるDLCは11/7までに来ません [延期されました]

マイクラがリアルになる影DLCの配信が「2018年」に延期

当サイトでは何度もこのDLCの延期について伝えてきたが、その度に「本当にリリースされるのか」「もう開発する気がないのではないか」という懐疑的な声が上がってきた。

 

なお以前に「スーパープラスパック」というDLC同梱版の発売がキャンセルされた際、「DLCの開発が中止された」と拡大解釈されたことがあった。この時点では「開発中止」ではなかったものの、コミュニティの期待値は絶望的に下がっていた。

 

公式サイトでひっそりと開発中止が発表された

そして2019年8月13日。ついに「DLCの開発を中止する」という発表があった。Minecraftの公式Twitterには投稿されていないが、公式サイトでははっきりと中止の発表がされている。

(以下、管理人の英語訳)

皆さんの中にはE3 2017で私達がSuper Duper Graphics Packを発表したのを覚えている方もいると思います。「Super Duper」は、マインクラフトの見た目を新しくする野心的な取り組みでしたが、残念ながら、計画通りに実装するには、あまりに技術的な部分への依存が多すぎることが分かりました。

皆さんを失望させてしまうことは理解していますが ― スタジオの内外からSuperDuperへのたくさんの情熱が注がれてきました ― しかし残念ながら、複数の端末でのパックのパフォーマンスに私達は満足できていません。そのため、このパックの開発を中止し、マインクラフトを新しい見た目で楽しむための、他の方法を調査しています。

マインクラフトは幅広いプラットフォームで遊べますが、私達はそれぞれのプラットフォームの力を最大限活かせるよう日々努力しています。もうすぐこの件について共有できる予定です。

大変長らくの辛抱ありがとうございました、そして計画通りに進んでいなくてごめんなさい!

つまり、

  • 様々なプラットフォームで安定して影を動かすのは困難だった
  • これ以外の方法で見た目を新しくすることについて調査中

ということだ。

よくわかるBTU

マインクラフトは様々なプラットフォームに移植されただけでなく、現在最もプレイヤーの多い「Bedrock Edition」は、同じシステムで構築され、クロスマルチプレイにも対応している。

そんな中、描画関連のシステムを大幅に書き換え、なおかつ幅広いプラットフォームで安定して動作させるには、技術的な障害があまりに大きすぎると判断したということだ。

マインクラフトは無料で様々なアップデートが行われてきたゲームである。そしてアップデートが予定通り進まないことも多々あった。今回のDLC開発中止も、コミュニティが前向きに受け取ることを祈るしか無い。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメント