NAPOAN.COM by マイクラ思考 
/ UPDATE :

SanDiskの外付けSSD E61-500G-GH25 の速度測定結果 M1MBA2020

以下、2021年12月15日現在の内容に基づく個人的な感想が含まれる。また、内蔵SSDとしか比較してない

(アソシエイトリンクを使用しています)

使用したSSD

[amazon_auto_links asin="B08P49M11C"]

項目内容
型番SDSSDE61-500G-G25
容量500 GB
インターフェイスUSB
設置タイプ外付け(ポータブル)
規格NVMe
1GBあたりの価格¥23
カタログ上の読込速度1050 MB/s
カタログ上の書込速度1000 MB/s

参考: https://kakaku.com/item/K0001306911/spec/

注意点として、USB 3.2 Gen2x2ではない!もっとも、2x2なんて一部の自作勢だけが達する境地であり、通常のユーザーには関係がない。

よってE81シリーズは必要ないと判断し、E61シリーズを選んだ。

測定環境

SSDの状態

項目内容
フォーマットAPFS
容量500.07 GB (500,073,234,432バイト)
空き499.91 GB (499,911,417,856バイト)

Mac

[f:id:sasigume:20211215124155p:plain:alt=macのスペック]

項目内容
機種IDMacBookAir10,1
チップApple M1
コアの総数8 (パフォーマンス: 4、効率性: 4)
メモリ8GB
OSmacOS 11.6.1 (20G221)
カーネルDarwin 20.6.0

購入から一ヶ月ほどしか経っていない。左側(しかない)のThunderboltポートに付属のケーブルで接続。

ソフト: AmorphousDiskMark 3.1

https://www.katsurashareware.com/amorphousdiskmark/:

AppStoreからダウンロードした。

結果

画像

テキスト

テキスト

---------------------------------------------------------------------
AmorphousDiskMark 3.1 (C) 2016-2020 Katsura Shareware
                    Katsura Shareware : https://katsurashareware.com/
---------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1,000 bytes, KiB = 1,024 bytes
* MB = 1,000,000 bytes, MiB = 1,048,576 bytes

  Sequential Read 1MiB (QD=   8) :   743.58 MB/s [    709.1 IOPS]
 Sequential Write 1MiB (QD=   8) :   731.91 MB/s [    698.0 IOPS]
     Sequential Read 1MiB (QD=1) :   640.46 MB/s [    610.8 IOPS]
    Sequential Write 1MiB (QD=1) :   611.06 MB/s [    582.8 IOPS]
      Random Read 4KiB (QD=  64) :   135.03 MB/s [  32966.3 IOPS]
     Random Write 4KiB (QD=  64) :    57.89 MB/s [  14133.1 IOPS]
         Random Read 4KiB (QD=1) :    29.58 MB/s [   7222.8 IOPS]
        Random Write 4KiB (QD=1) :    15.90 MB/s [   3882.0 IOPS]

    Test : 1 GiB (x5) [Interval=5 sec]
  Volume : SandiskSSD500GB: 1% used (0/465 GiB)
  Device : SanDisk Extreme 55AE
     CPU : Apple M1
    Date : 2021-12-15T03:18:11Z
      OS : macOS 11.6.1 20G221

比較: M1 MBA2020の内蔵SSD

項目内容
空き58.65 GB (58,647,441,408バイト)
容量245.11 GB (245,107,195,904バイト)
装置名APPLE SSD AP0256Q
メディア名AppleAPFSMedia

256GBなんて選ばなければよかった! 最初は学校の課題を済ませるためだけに買ったんだ。そしたらDockerが普通に動くし割と何でもできるし。完全にメイン機になってしまった。

画像

テキスト

---------------------------------------------------------------------
AmorphousDiskMark 3.1 (C) 2016-2020 Katsura Shareware
                    Katsura Shareware : https://katsurashareware.com/
---------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 bytes/s [SATA/600 = 600,000,000 bytes/s]
* KB = 1,000 bytes, KiB = 1,024 bytes
* MB = 1,000,000 bytes, MiB = 1,048,576 bytes

  Sequential Read 1MiB (QD=   8) :  3421.99 MB/s [   3263.5 IOPS]
 Sequential Write 1MiB (QD=   8) :  2210.86 MB/s [   2108.4 IOPS]
     Sequential Read 1MiB (QD=1) :  2055.98 MB/s [   1960.7 IOPS]
    Sequential Write 1MiB (QD=1) :  2332.93 MB/s [   2224.9 IOPS]
      Random Read 4KiB (QD=  64) :   798.88 MB/s [ 195038.7 IOPS]
     Random Write 4KiB (QD=  64) :    79.40 MB/s [  19385.4 IOPS]
         Random Read 4KiB (QD=1) :    72.70 MB/s [  17748.4 IOPS]
        Random Write 4KiB (QD=1) :    38.76 MB/s [   9461.8 IOPS]

    Test : 1 GiB (x5) [Interval=5 sec]
  Volume : Macintosh HD: 76% used (173/228 GiB)
  Device : APPLE SSD AP0256Q
     CPU : Apple M1
    Date : 2021-12-15T03:58:11Z
      OS : macOS 11.6.1 20G221

いや、は??? バケモノすぎる。そりゃ軽いわ。

あとがき

本当はUSB3.2ではなく、Thunderbolt3の外付けSSDが欲しかった。

が、あまりにも選択肢がなさすぎて辛い。

[amazon_auto_links asin="B07H8HXRQV"]

完成品は、Samsung X5みたいな高額モデルしかない。

米国アマゾンなら色々なメーカーが出してるが、日本では買いづらい。

[amazon_auto_links asin="B08FBXHZYM"]

実はこの「雪の華デザイン」ケースにM.2 SSDを付けることも検討した。

しかし、自己責任の世界である。誰も耐久性を保証してくれない。 しかも、みな耐久性のためにヒートシンクだのファンだのを付けている。もうラップトップじゃなくていいだろ。携帯できねえよ。

そもそも、100 percent certified recycled aluminum ™️で作られたMacBook Airの横に、ゴツゴツした銅の塊を置きたくない。

まあ700MB出れば通常使用はできるかな。Dockerのキャッシュとか置きたかったんだけど、内臓との差が不安だな〜。

Tweet

コメント

記事の内容が最新のものと異なる場合があります。ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。