PE105アップデート
アップデート配信状況
  • iOS: 未配信
  • Android: ベータ版配信中!
  • Kindle: 未配信

この前1.0.4が出たと思ったらもう"1.0.5"が襲来します。最近のPEの開発スピードには驚くばかりです。
なんと今回の「1.0.5」では、ついに「コマンドブロック」が実装されてしまいます。同時に12種類のコマンドも追加。NBTタグやいくつかの引数が使えないのでできることは少ないですが、着実にPC版に近づいていってます。ここまでゲーム機版置いてけぼりで進化しちゃうとSIEが怒りそう。

2017年3月12日現在、Androidではベータ版が配信されています。

スポンサーリンク

(Androidのみ) ベータ版に参加する手順を解説

※ベータ版の参加にはGoogleアカウントが必要です。アンドロイダーの皆さんなら絶対お持ちだと思いますが、万が一の時のためにパスワード等は思い出しておきましょう。

※お使いの端末のAndroidのバージョン、ブラウザのバージョンによって、一部表示が違う場合もありますので注意して下さい。
また、ここに載せてある手順が予告なく使えなくなる場合もあります。

PE1.0.5のベータ版に参加するページ
http://play.google.com/apps/testing/com.mojang.minecraftpe
▲このアドレスをタップして、ブラウザ(Chromeなど)で開いて下さい。
テスターになる

テスターになるをタップしましょう! これで終わりです。あとはアプリの更新が来るのを待つだけ。

Playストアにボタンが出る場合もある
ベータ版に参加
PlayストアのマイクラPEのページに、「ベータ版を使ってみる」コーナーが出現し、そこから登録できる場合もあります。
マイアプリから確認

Playストアの「マイアプリ」の画面を開けば、更新が来ているか確認できます。更新が来るまでここをチェックしましょう。


ベータ版の参加を解除し、通常バージョンに戻すには

ベータ版に参加すると、これまでのバージョンのままの人とはマルチプレイができなくなります。ベータ版を解除して、これまでどおり普通のバージョン1.0.4を遊ぶにはどうすればいいんでしょうか。

PE1.0のベータ版を退会するページ
http://play.google.com/apps/testing/com.mojang.minecraftpe
▲このアドレスをタップして、ブラウザ(Chromeなど)で開いて下さい。
ベータ版を終了

下の方にある「プログラムを終了」をタップして下さい。するとベータテスターではなくなります。一旦マイクラPEをアンインストールしてから、(ワールドは消えません)もう一度Playストアでインストールしましょう。するといつもどおりの1.0.4に戻っています。


1.0.5ベータ版の内容

3種類のコマンドブロックが追加された

コマンドブロック
  • コマンドブロックが追加された。
  • アイテム一覧にはないのでコマンドを使って入手する必要がある。
    • 入手するコマンドは/give @p command_block
コマンドブロックのGUI
  • コマンドブロックをタップするとこんな画面が表示される。
  • コマンドブロックの名前やコマンド、タイプ、条件の有無、レッドストーン信号の必要性が設定できる
名前
  • 左上の欄に名前を入力すると、カーソルを合わせた際に表示される。
コマンドブロックのモード
  • コマンドブロックにはImpulse(インパルス)Chain(チェーン)Repeat(リピート)の3つのモードがある。
  • Impulse(インパルス)はPC版1.8までの従来のコマンドブロック。ボタンなどで信号を与えるとコマンドが実行される。
  • Chain(チェーン)はコマンドを連続で実行する際に使う。
  • Repeat(リピート)はそれ自体にクロック回路が内蔵されたようなコマンドブロック。常時コマンドを実行できる。
チェーンコマンドブロックの使い方
  • コマンドブロックには向きがあり、設置した人の方向を向く。
  • ▲の図のようにチェーンコマンドブロックを繋いで根本のコマンドブロックに信号を送れば、後は順番にコマンドが実行される。
条件付きコマンドブロックの使い方
  • Unconditional(条件無し)Conditional(条件付き)に切り替えると、図のようにコマンドブロックのマークが変形する。
  • すると後ろに並べたコマンドブロックのコマンドが成功した時のみコマンドが実行される。
testforコマンドと組み合わせる
  • 1.0.5で追加されたtestforコマンドと組み合わせれば、「5m以内に近づくと実行」といったことができる。
NeedsRedstone
  • リピートコマンドブロックをNeeds Redstone(動力が必要)にすれば、レバーを倒している時だけ実行といったことができる。
NBTタグについて
  • いくらコマンドブロックが実装されたからといって、PC版と同じ仕掛けはほとんど作れない。
  • なぜならアイテムやエンティティをカスタマイズする「NBTタグ」をコマンドで扱うことはできない。
  • 他にもいくつかのコマンド、引数、防具立てなど実装されていないものがまだまだ存在する。
  • 従って当ブログのコマンド解説はPEには非対応とさせて頂くのでご了承願いたい。

testforやeffectなど、12種類のコマンドが追加された

  • 12種類のコマンドが追加された。中にはPC版と書き方が違うものもあるので注意!
  • <>で囲まれた部分は必須、[]で囲まれた部分はオプション。
gameruleコマンド
  • /gamerule <ルール名> <true|false> : 指定したルールの有効/無効を切り替える。
  • /gamerule <ルール名> <数値> : 指定したルールの設定値を変更する。
  • /gamerule <ルール名> : 指定したルールの状態を表示する。
  • PE1.0.5で使える「ルール名」の一覧は以下の通り。

ルール名内容デフォルトの値
commandblockoutputチャットログにコマンドブロックのコマンドが実行された通知を表示するか否かtrue
drowningdamageプレイヤーが水に溺れた際にダメージを受けるか否かtrue
falldamageプレイヤーが落下ダメージを受けるか否かtrue
firedamageプレイヤーが燃えた際にダメージを受けるか否かtrue
pvpプレイヤーが他のプレイヤーと闘えるかどうかtrue
sendcommandfeedbackプレイヤーがコマンドを実行した際にチャットログに通知を表示するかどうか。コマンドブロックがコマンドを実行した際に出力されるテキストにも影響する。true
clearコマンド
  • /clear [ターゲット] [アイテムID] [データ値] [アイテムの数] : 指定したプレイヤーのインベントリから指定したIDとデータ値のアイテムを指定した数消去する。
  • /clearとだけ打って実行すれば本人のインベントリが全消去される。
  • [ターゲット]には@aなどのセレクターまたはプレイヤー名を入力する。
  • セレクターやID、データ値などについてはこちらの記事を参照してほしい。
  • PC版と違い、NBTタグは書けないので注意。
difficultyコマンド
  • /difficulty <難易度の名前または数値> : ワールドの難易度を変更する
  • 難易度の名前または数値は以下の通り。
    • peaceful もしくは p もしくは 0 : ピース(フル)
    • easy もしくは e もしくは 1 : イージー
    • normal もしくは n もしくは 2 : ノーマル
    • hard もしくは h もしくは 3 : ハード
effectコマンド
  • /effect <ターゲット> clear : 指定したプレイヤー等のエンティティのポーション効果を全消去する。
  • /effect <ターゲット> <効果名> [秒数] [効果の強さ] [true] : 指定したプレイヤー等のエンティティに秒数と強さを設定した効果を与える。trueを付けるとパーティクルが非表示になる。
  • [秒数]を指定しない場合は30秒になる。
  • [効果の強さ]には0~255の数値を入力する。「Ⅱ」の効果を与えたい場合は「1」を入力する。
  • <効果名>についてはこちらのページを参照してほしい。
meコマンド
  • /me <メッセージ> clear : メッセージをチャットログに流す。
  • sayコマンドと違い、誰が発言したのかが分かる。ツイートする感覚のメッセージだ。
particleコマンド
  • /particle <パーティクル名> <座標x y z> <サイズx y z> <速度> [数量] : 指定した座標に、指定した大きさとスピードと数量のパーティクルを出現させる
  • <パーティクル名>についてはこちらのページを参照してほしい。
  • PC版と違い[mode] [player] [params]引数は使えないので注意。
  • [2017年3月18日追記] Build2で削除され、Build3でも使えない状態。今後どうなるかは不明
playsoundコマンド
  • /playsound <サウンド名> <ターゲット> [座標x y z] [音量] [ピッチ] [最小音量] : 指定したプレイヤー等のエンティティに指定した音声を再生する。
  • [座標x y z]に相対座標を書くことでプレイヤーと音源の位置をずらすこともできる。
  • PC版のようにサウンドのカテゴリーを指定する必要はない。
  • どうやら2017年3月13日現在正常に動作しないようだ。
stopsoundコマンド
  • /stopsound <ターゲット> <サウンド名> [サウンド名] : 指定したプレイヤー等のエンティティに聞こえている音声の再生を停止する。
  • [サウンド名]にサウンド名を書くことで停止するサウンドの種類を指定できる。
testforコマンド
  • /testfor <ターゲット> : 指定したターゲットが存在したら"成功"となり、コンパレーターや条件付きコマンドブロックが実行される。
  • "5m以内に近づいたらメッセージを出す"等の仕掛けが作れる。
  • PC版と違い、NBTタグでターゲットを絞り込むことはできないので注意。
spreadplayersコマンド
  • /spreadplayers <x座標> <z座標> <エンティティ間の距離> <最大範囲> <ターゲット> : 指定したエンティティを指定した座標に移動させ、ランダムに分散させて配置する。
  • <最大範囲>では円ではなく四角い範囲を指定する。
  • <最大範囲>は<エンティティ間の距離>より1.0以上大きくする必要がある。
replaceitemコマンド
  • /replaceitem block <座標x y z> <スロットの種類> <スロット番号> <アイテムID> [数量] [データ値] : 指定したブロックの指定したスロットに指定したアイテムを配置する。
  • /replaceitem entity <ターゲット> <スロットの種類> <スロット番号> <アイテムID> [数量] [データ値] : 指定したエンティティの指定したスロットに指定したアイテムを配置する。
  • PC版ではスロットの種類と番号は「○○.○○.番号」という風にくっつけて書くが、PEではスペースで区切って書く。
  • PC版で番号が存在しないスロットについては、なんでもいいので適当な番号を書こう。
  • PC版と違い、NBTタグは書けないので注意。
  • <スロットの種類>と<スロット番号>は以下の表の通り。
スロットの種類 スロット番号 説明と制限事項
slot.armor.chest なんでもいい 防具のスロット。モブ、プレイヤーのみ。(防具を装備できないモブも含む)
slot.armor.feet
slot.armor.head
slot.armor.legs
slot.weapon.mainhand メインハンド。つまり持っているアイテム。モブ、プレイヤーのみ。(アイテムを持てないモブも含む)
slot.enderchest 0~26 エンダーチェストの中身。プレイヤーのみ
slot.hotbar 0~8 手持ちバー(ホットバー)の中身。プレイヤーのみ
slot.inventory 0~26 インベントリの中身。プレイヤーのみ。
slot.horse.saddle なんでもいい サドルのスロット。ウマ、ロバ、ラバのみ。サドル以外は設定できない。
slot.horse.armor 馬鎧のスロット。ウマのみ。馬鎧以外は設定できない。
slot.horse.chest 2~16 ロバもしくはラバのチェストの中身。チェストを付けたロバかラバのみ。
slot.villager 0~7 村人のインベントリのスロット。村人のみ。
titleコマンド
  • /title <ターゲット> clear : 指定したプレイヤーが見ているタイトルを消去する。
  • /title <ターゲット> reset : 指定したプレイヤーの表示時間などの数値をデフォルトに設定する。
  • /title <ターゲット> times <フェードイン時間> <表示時間> <フェードアウト時間> : 指定したプレイヤーのタイトル表示時間等を設定する。
  • /title <ターゲット> subtitle <サブタイトルの内容> : 指定したプレイヤーのサブタイトルの内容を設定する。
  • /title <ターゲット> title <タイトルの内容> : 指定したプレイヤーのタイトルの内容を設定すると同時に、タイトルを表示する
  • /title <ターゲット> actionbar <内容> : 指定したプレイヤーのアクションバーにメッセージを表示する。
titleコマンドの使い方
  • titleコマンドは、三段階に分かれている。
  • まずはtimesモードでフェードイン時間、表示時間、フェードアウト時間を設定する。(例:/title @a times 10 100 10)
  • 次にsubtitleモードでサブタイトルを設定する。(/title @a subtitle これがサブタイトルです)
  • 最後にtitleモードでタイトルを設定すると同時に表示する。(/title @a title こちらがタイトルです)
  • また、actionbarモードにした場合は「夜になるまで眠れません」などが表示される場所にメッセージを表示できる。

コマンドブロック付きトロッコが追加された

コマンドブロック付きトロッコ
  • 「コマンドブロック付きトロッコ」が追加された。
  • なぜか「リピート/条件無し/動力が必要」からモード変更できなくなっている
  • ON状態のアクティベーターレールの上に乗るとコマンドが実行される。

エンティティ(Mob等)が消える問題が改善された

  • 開発者のTommaso氏によると、エンティティがデスポーン(消滅)してしまう問題の解決策が見つかったようだ。
  • Yuzu氏によると、y座標がどれだけ離れてもMobがスポーンしないバグが直ったとのこと。

データの保存先を選べるようになった

  • 設定画面の「プロフィール」→「ファイルストレージの場所」で、データの保存先を「外部」「アプリケーション」から選べるようになった。

バグ報告については別記事を読んでね

当ブログではPEのベータ版について何度も記事を書いてきたので、バグ報告については前回の記事のこちらをご確認下さい。


アップデート内容のソース

Pocket Edition 1.0.5 - Official Minecraft Wiki
スポンサーリンク

毎度毎度ツイート、コメント等ありがとうございます。Twitterではブログの更新状況など色々呟いてます。気軽にフォロー下さい。

スポンサーリンク

コメント

  • さて、PEがJavaを超える日はやってくるのだろうか?

  • でんでん (Minecraft ID:denden0816)

    でもJava版の方が強いぞ~?
    PEがPCについてこられるかな?

  • /clearが追加されるということは…
    荒らし阻止できるかも..

    • でんでん (Minecraft ID:denden0816)

      /kill @e[type=cmd./clear]
      で/clearコマンド消去できま…せんw

  • コマンド初心者

    testforコマンドで5m以内に近づいたらメッセージを出す仕掛けを作りたいんですが
    どうやったらできるんですが?コマンド初心者で全くわかりません
    peです

    • ツートン

      いや、ナポアンさんの説明にある通り
      リピートモードにコマブロをセットして

      /testfor @a[r=5]
      ってすればいいんです
      でも@aだとプレイヤー限定になってしまうので、シングルプレイだと@eでmob全てを検知するといいですね
      後はそのリピートコマブロの先にメッセージを出すコマンドを書いたチェインコマブロを置くだけです

      • コマンド初心者

        ありがとうございます!
        どうやら=が間違っていました、返信ありがとうございます

  • コマンド初心者

    厚かましいですが誰か返信お願いします

  • ツートン

    PEユーザーの半数を占めるであろう小学生がアップデートを歓喜しているが、/gamemode creativeコマンドしか使わない未来しか見えない

  • ぱおんTV

    /playsoundはpeのサウンド名じゃないとできませんよ!

  • なぽ

    コマンドトロッコも追加されましたよ!!!!夜にするにはどうすればいいんですか?

    • コマンドトロッコは書いてますよ。夜にするコマンドは /time set night です

  • マイブロ暇人@底辺実況者@ワサラー団

    difficultyのノーマルが3じゃなくて2な気がする

    • ご指摘ありがとうございます、修正しました