PS4版のアップデート「1.95」が配信、バグ修正のみ [Minecraft: PlayStation 4 Edition]

統合版ではなく旧ゲーム機版のパッチ

 

残念ながら今回配信されたのは統合版ではなく、「PS4 Edition」のパッチ「1.95」である。7個のバグが修正された。果たしてこれが旧ゲーム機版の最後のパッチになるのか否か、気になるところである。

スポンサーリンク

 

今回は全世界で同地にアップデートが配信された。修正内容は以下の通り。

  • ドアの上でボタンを押した際にクラッシュする問題を修正
  • 花火のクラフト画面でクラッシュする問題を修正
  • (MCCE #10011) 樹皮ブロックを木材にするレシピがない問題を修正
  • (MCCE #1001) 草ブロックの上にレッドストーンを置けない問題を修正
  • (MCCE #9978) 石工の村人が模様付きの石レンガの対価を間違えている問題を修正
  • (MCCE #9653) 下のブロックを壊しても線路がアイテム化しない問題を修正
  • 石工の村人が彩釉テラコッタを売るのではなく要求してくる問題を修正

 

4Jが「PS4」という言葉をツイートする度に「BE早くしろ」というリプライが大量についてしまっているが、BEを開発しているのはMojangとXbox Game Studiosのスタッフである。

【朗報】BEの最新ベータ版で、PS4用の「クロスプレイON/OFF」設定が見つかる

なおPS4版BEについては、最近ベータ版で「PS4用のクロスプレイのON/OFFの設定」が発見されるなど、開発は順調に進んでいることが分かる。このベータ版は1.13なので、1.13のリリースと同時に配信される可能性が高いが、公式からの発表は何もないことにご注意。

旧ゲーム機版の中では唯一アップデートが配信されているPS4 Edition。最近4J StudiosはBE用のDLC制作を開始するなど、BEにいつ完全移行してもおかしくない状況である。Xbox LiveとPSNという障壁を、マインクラフトはどうやって壊すのか、非常に楽しみだ。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメント