[スマホ/スイッチ] 時間と火事を止める・晴れのままにするコマンドの書き方 [Minecraft]

これだけは絶対に覚えておきたい

クリエイティブモードで遊んでいるプレイヤーにとって、時間や天気の変化はさぞ建築の邪魔になることだろう。いっそ時間を止めたい。そんなあなたに使ってほしいのが「gamerule」コマンドだ。この記事ではその中から基本の3つを紹介する。

スポンサーリンク

 

時間を止めるコマンド

/gamerule dodaylightcycle false

時間を止めるというより、「太陽と月のサイクルを止める」方が正しい表現だろう。

逆に以下のコマンドでもう一度動かすこともできる。

/gamerule dodaylightcycle true

 

天気を止めるコマンド

/gamerule doweathercycle false

これを実行すれば、現在の気候で固定される。

以下のコマンドで固定を解除できる。

/gamerule doweathercycle true

 

火事を止めるコマンド

/gamerule dofiretick false

これを実行すれば、炎は燃え広がらなくなる。大人数マルチプレイにはほぼ必須だろう。

以下のコマンドで再び延焼するようになる。

/gamerule dofiretick true

 

統合版(BE)の全コマンドの使い方・構文・使用例一覧 [Switch対応]

その他の色々なコマンドの使い方はこちらを参照してほしい。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメント