【朗報】BEの最新ベータ版で、PS4用の「クロスプレイON/OFF」設定が見つかる [Minecraft]

ただしソニーが認めているか否かはまだ分からない

ESRBのレーティング登録や、ベータ版から設定が見つかったりして、PS4にもマインクラフトの統合版(BE)がリリースされるのではないかと数ヶ月前から噂になっていたが、今回新たに「クロスプレイのオン・オフ」という設定が発見された。少なくともMojang/MSはPS4でもクロスプレイを実装しようとしていることが分かる。

スポンサーリンク

 

最新ベータ版で発見された新しい設定

こちらはBEのベータ版「1.13.0.9」でキャプチャされた動画。データをいじって「PS4で動いている」状態にしているので、ボタン類はPS4のものに置き換わっている。

他のプラットフォームと異なる部分として、下に「クロスプラットフォームプレイ」という項目が追加されている。押してみよう。

「クロスプラットフォームプレイを無効にしますか? 他のプラットフォームのフレンドと接続したり遊んだりできなくなります。」と表示される。つまり「Mojang/MSはPS4でもクロスプレイを実装しようとしている」ということが、やっとはっきり分かったのだ。気に入らない人はオフにできるということ。例えば「フォートナイト」にも同様の設定が用意されている。

 

「スイッチにも同じ設定がある」と思った方もいるかもしれない。しかしWild氏が指摘するように、スイッチの設定はローカル通信とクロスプレイを切り替えるものであって、今回発見された「クロスプレイ自体のON/OFF」とは異なる。

 

問題はXbox Live

しかしマインクラフト統合版のクロスプレイは、全員が「Xbox Live」にサインインすることで実現している。「フォートナイト」では「エピックゲームズアカウント」に該当するのが、マインクラフトでいう「マイクロソフトアカウント」なのだ。

つまりPS4でクロスプレイを実現しようと思ったら、ゲーム内に「Xbox Liveにサインイン」する機能を用意しないといけない。果たしてソニー(SIE)は現時点でサインインも許可しているのだろうか。Mojang/MSのスタッフは誰もPS4版の開発状況に言及しておらず、ソニー側からの発表も無いため、最終的にクロスプレイが実現できるのかはまだ分からない。

スイッチ版プレイヤーにとっては当たり前の「クロスプレイ」。しかしマインクラフトはマイクロソフトのゲームである。あとはソニーがどれだけ寛容な態度を見せるのかに懸かっている。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメント