「おやおや… 1つずつブロックを組み立てていくのですね。時代遅れなやり方ではありますが、細部にまでこだわって、あなたの作りたいように作れます」

スポンサーリンク

スイッチ版のレゴワールドを買ってみた

久しぶりにマイクラ以外のゲームの記事書きますね。今回紹介するのは「LEGOワールド」です。私はウルフェンシュタイン2をダウンロードする間の暇つぶしのためだけに買いました。機種はスイッチです。

ちなみにSteam版はおま国なので注意


「アドベンチャーモード」で始めたのに、もはや何でもありだった

レゴワールドには「アドベンチャーモード」と「サンドボックスモード」があります。アドベンチャーモードは体力があってサンドボックスモードには体力が… あるんです。何故かサンドボックスモードにもHPの概念があるんです。マジで謎。

アドベンチャーモードではまずキャラクリをします。レゴの人形に好きなパーツを付けてカスタマイズできます。ここはまだ普通。

ゲーム開始後、プレイヤーはとある島にダイブします。レゴワールドはマイクラのように無限ワールドというわけではなく、一つ一つのワールドのサイズは小さめ。

アドベンチャーモードにおける最初の目的は、墜落したロケットの修理。そのために「ゴールドブロック」というアイテムを集めないといけません。

そうそう、このゲームなんと武田広さんがナレーションしてくれるんですよ。アド街のナレーターの人。

マイクラで言うサバイバルモードに該当するのがアドベンチャーモードですが、叩いて壊してもブロックは入手できません。その代わりに「発見ツール」が用意されています。

なんとこの「発見ツール」、そこらへんの物体を「発見」し、「配置」できるんです。要するにコピー。このゲームではアイテム増殖はバグではないのです。アドベンチャーモードなのに、ですよ。

コピーできるのはブロックだけじゃありません。生き物もコピーできちゃうんです。▲はニワトリを増殖させたら邪魔になったから殴っているの図。

例えば「○○が欲しい!」みたいな頼み事をされたら、発見ツールでコピーして持ってくればいいんです。このゲームにクラフトという概念はありません。そこにあるものをコピーすればいいんです。


アドベンチャーモードなのに地形弄り放題なのか…(困惑)

ゴールドブロックを集め、次の星へひとっ飛び。1つ1つのワールドは狭いですが、ロケットで星から星へハシゴすることで多種多様な世界で遊べるんです。

2つ目の星で「地形ツール」を入手しました。

これやばくないですか。アドベンチャーモードなのに、範囲指定してブロック一括設置/破壊し放題なんですよ。WorldEditみたいで興奮する。

穏やかな武田広ボイスで「素敵な家族をホームレスにしてしまう」とか物騒な説明してきて笑った。


「ブロックを1つ1つ置くのは時代遅れ」

次の星で「ビルドツール」を入手。「ビルドツール」があれば1個ずつブロックを設置できます。やっとマイクラみたいに自由に建築できる!

「おやおや… 1つずつブロックを組み立てていくのですね。時代遅れなやり方ではありますが、細部にまでこだわって、あなたの作りたいように作れます」

は?


総評: レゴワールドは「簡単になんでもできすぎる」ゲーム。楽しいが、達成感は薄い

▲レゴワールド開始後1時間。ナポアンが始めたのは整地でも建築でもなく、動物虐待でした。

レゴワールドの最大の特徴は、あらゆるアイテムが最初から用意されていること。(もちろん「発見」してアンロックする必要はありますが、ボタンを押せばいいだけです) 良く言えば自由度が高いですが、悪く言えば達成感がないのです。アイテムを選んで、使ってみる。その繰り返し。

ブロックを1つ1つ置くこともできますが、最初から様々な建築作品が用意されていて、ボタンを押せば自動で建築できるんです。素晴らしい機能ですが… 自分で建築するモチベーションが下がりません?

結果、ナポアンとかいう短絡思考の人間がレゴワールドを遊ぶと、すぐに破壊と虐殺に走ってしまいます。レゴワールドはマイクラと同様、「なんでもできる」ゲームですが、「簡単になんでもできすぎる」のです。


ん? 破壊? 虐殺?


破壊と虐殺がしたいならウルフェンシュタイン2を買おう! (布教)

今すぐ破壊と虐殺がしたいあなたにピッタリのゲームを紹介します。



アメリカがナチスに負けた世界ですよ。ショットガンとARを両手持ちできる世界ですよ。ヒトラーが薬漬けになって生き延びてゲロ吐く世界ですよ。めっちゃ面白そうでしょ。ちなみに来年スイッチ版出ます。動くのかよ。

○者が何故か実況しないせいでいまいち知名度低いので、みんな買ってね!

スポンサーリンク

毎度毎度ツイート、コメント等ありがとうございます。Twitterではブログの更新状況など色々呟いてます。気軽にフォロー下さい。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメント