レゴモデルリソースパック

再現に使ったブロックは約30万。 私の手にかかれば、レゴブロックで何でも作れちゃうんです。今回は、レゴブロックを使ってマイクラの世界を再現してみました。え? レゴブロックの写真なのかマイクラのスクショなのかはっきりしろって? それだけ再現度が高いということですね、ありがとうございます。

スポンサーリンク
レゴブロック

(画像はWikipediaより転載)
皆さん、「レゴブロック」で遊んだことはありますか? 私は小さい頃、レゴもどきの大きなブロックのおもちゃで遊んで毎日数個パーツを失くしていました。最近はあれでしょ、機械が付いてリモコンがあるロボットのレゴとか、ハリーポッターのレゴとかあるんですよね。あれ、私時代遅れですか?


レゴブロックを用意しました

じゃーん。久々にレゴブロックで遊びたくなってきた私は、シンプルな基本のレゴブロックを大人買いしてデスクに用意しました。どうです、ここから私のマイクラ再現作業が始まるんです。ワクワクしてきたでしょ。
え? ブロックが大きすぎる? そんな事はありません、最近流行りの大きめのレゴブロックなんです。

岩盤を再現

マイクラの世界を再現、ということでワールド全体を下から上まで再現しないといけません。世界を支える"岩盤"をまず作りましょう。最近はこんなまだら模様のレゴもあるんですね。まるでマイクラを再現するために作られたかのよう。...ブロックが浮いてる? 目の錯覚でしょ、多分まだら模様のせいです(適当)。

大きくしました

どーん。一気に8x8のサイズまで大きくしました。なんと土っぽいレゴや閃緑岩っぽいレゴもあるんですね、驚きです。とてもレゴブロックに見えない? ほらちゃんとポツポツが付いているじゃないですか、よく見て!

水は青で代用してさらに大きく

レゴブロックを積み上げるのが楽しくって楽しくって、気付けばもう日が暮れかけていました。というわけでデスクからはみ出るぐらいの大きさまで成長させました。水は青ブロックで再現、洞窟まで細かく作っています。 ...石の質感とか影の付き方とかに違和感があり過ぎる? そこらへんもマイクラを再現してるんですよ。

地上部分の制作をはじめます

なんと横64ブロック、奥行き64ブロックまで積み上げてしまいました。そろそろ地上に入るので、緑色のレゴブロックで草ブロックを再現し、肌色のブロックで砂浜を再現しています。...え? どう見ても合成に見える? いえいえ、マイクラの地形をMCEditで切り取ってスクショを撮って適当な画像に合成なんて事はしてませんよ!

高さ100ブロックを突破しました

ちょっとした丘陵地帯を再現したかったので、高さが100ブロックを突破してしまいました。デスクからおろして組み立てていきます。...どう見てもマイクラのスクショ? いえいえよく近寄ってご覧なさい、しっかりと凹凸のあるレゴブロックですよ。いいですか、これはレゴブロックです。(そろそろ合成キツくなってきた)

葉っぱの代わりに緑ブロック

私がイメージしたのは、ちょっとした丘のある白樺の森です。ですので白と黒のまだら模様の、これまたマイクラ再現のためにあるようなブロックを幹にして、緑レゴブロックを葉っぱとして飾り付けました。...え? やっぱり影の付き方が現実とかけ離れてる? いえいえ、それより私のレゴ組み立て技術を褒めて下さいよ~

ついに完成

ついに完成。どうです? レゴブロックだけでマイクラの世界を完全再現できました。横64、奥行き64、高さ平均74で大体30万個のレゴブロックを使っています! これだけブロックを揃えるのにどれだけ苦労したことか...


あれ松明だよね

ん? あの黄色い光は松明...? レゴブロックで松明...?


ごめんなさい

ごめんなさい。騙しちゃってごめんなさい。全然騙せてないかもしれないけど許してください。マイクラのスクショを合成してました。私には30万個ものレゴブロックを組み立てる気力はありません><

googleのデータセンターの画像を使いました

背景の写真ですが、アメリカのノースカロライナ州にあるGoogleのデータセンターのインドアビューを撮影しただけです。このThinkPadとヘルメットを置いてるデスクの持ち主の方、勝手に撮っちゃってごめんなさい!


レゴでマイクラを再現できなくても、マイクラでレゴを再現しよう!

本題に入ります

というわけで本題! 今回紹介するのは、SaziumR氏制作の「レゴブロックモデルリソースパック」です。元々海外のmonster860氏が制作していたものが使えなくなったため、天才モデルメーカーのSaziumR氏がそれを受け継ぎ、マイクラの世界をほぼカンペキにレゴブロック化させる究極のリソースパックとなりました。

拠点で使ってみた

試しに私のサバイバルワールドの拠点で使ってみると、レゴブロックの底面の独特の円柱と凹みが相まってなんだか不思議な雰囲気を味わえます。最近レゴブロックのTVゲームが沢山出てるらしいですが、マイクラの自由な世界でレゴブロックを使えちゃうだなんて魅力的じゃないですか?

ここまでレゴブロック化するのか

レールや感圧板、さらにはサボテンなど、「ここまでレゴブロック化するのか!」という細かい所まで忠実にレゴブロックが再現されています。ただブロックを配置するだけでワクワク感が味わえました。▲のスクショではシェーダーを使っていますが、ポツポツが影で際立っていますね。本当に凸凹している証です。


2015年9月20日現在このリソースパックはベータ版です。同梱されているReadMeをよくお読み下さい。以下、ベータ版Build5の説明文を引用します。

・全てのブロックは本家のレゴのサイズを元に忠実に設計されています。
・デフォルトのマイクラとは違い、ハーフブロックを2つ重ねたブロックと、普通のフルブロックは違うモデルを持ちます。
・上と同様、8レイヤー重ねた雪の層は普通の雪ブロックとは違うモデルを持ちます。
・レッドストーンダスト、レールは「ポッチ」を避けるように設計されています。
・階段、スライムブロック、ビーコンなどは本家レゴに基づいて、「それっぽく」仕上げました。
・他のテクスチャパックと共存ができるので、色んなレゴのテクスチャを楽しんでください。
・ガラスのモデルは試験的です。これから変更がございます。

レゴモデルリソースパックの製作者・SaziumR氏のTwitter
SaziumR氏のTwitter
https://twitter.com/SaziumR

▲この「レゴモデルリソースパック」の製作者であるSaziumR氏は、Twitterでこのリソースパックに関する最新情報を随時ツイートされています。是非フォローして進化したリソースパックを手に入れましょう。


皆さんの鋭い目をなめていました

...にしても、こんなんで騙せると思った私がバカでしたね...


スポンサーリンク

毎度毎度ツイート、コメント等ありがとうございます。Twitterではブログの更新状況など色々呟いてます。気軽にフォロー下さい。

スポンサーリンク

コメント