Minecraft: Java Edition このゲームの記事一覧

Java版プレイヤー全員に大ニュースです。これまで「1.14」として開発が進められてきた「アクアティックアップデート」が、「1.13」の内容と統合され、コマンドなど技術面の変更と、水に関する新要素が「1.13」で同時にやってくることになりました。悲報に見えますが、実は朗報だったりするのには理由があります。

スポンサーリンク

公式サイトで、Java版「1.13」の予定変更について発表

Java Edition Technically Updated | Minecraft

https://minecraft.net/article/java-edition-technically-updated
We’re going to hold back the official launch of 1.13 and merge that release with all the features we’d planned for the Update Aquatic. But, in a weird twist, this delay means you’ll actually get to play with cool Aquatic features earlier. Let me explain!

1.13の公式リリースを延期し、「アクアティックアップデート」で予定していた全ての機能を統合します。しかし、奇妙なことに、この延期によって、クールなアクアティックアップデートの機能を実際には早く遊べるようになるのです。説明しましょう!」

As you may have heard, this year we have some pretty big things planned for Minecraft. Pretty big, pretty wet things, in fact, all bundled into the suitably soggy-sounding Update Aquatic! This’ll bring you all kinds of submarine marvels, including turtles, dolphins, coral reefs, deep sea vents and other mysteries of the abyss.

「皆さんが知っているとおり、今年は超デカいことがマイクラにやってきます。超でかくて、超みずみずしくて、ほんとに、全部びしゃびしゃなアクアティックアップデートに含まれてるんです! このアプデによって、カメ、イルカ、サンゴ礁、海底火山などなど、色んな種類の海の不思議がもたらされます。」

But before we get to all that, we were planning on releasing the rather technical 1.13 update, which includes equally exciting-sounding things like a new world format, a new command parser, data packs and the elusive rewrite of world generation. Woah, woah, settle down! I know you’re crazy for command parsers, but let’s not lose a sense of decorum.

「でもそれらが来る前に、より技術的な1.13のアップデートを予定していました。1.13には新しいワールド形式、コマンドの構文、データパック、ワールド生成の細かい変更が含まれます。おお、おお、落ち着いて! 君がやべえコマンド使いってことは知ってるから、礼儀正しくしてね。」

Most of this stuff is already in the latest snapshot (along with some fun but definitely unstable things that we don’t plan on ever officially supporting - like the debug sticks you can see in the picture above, which let you change a block’s state when you whack it). However, because our world generation overhaul is taking a little longer to get ready, we’re going to hold back the big 1.13 release and put it out at the same time as the Update Aquatic. In fact, the Update Aquatic will become 1.13!

(1.13の)ほとんどの要素はもう最新のSnapShotに入っています(楽しいけど不安定で公式のサポートは予定してないもの - 上の画像のデバッグ棒、ブロックの状態をいじれるやつ、とかも含みます)。しかし、ワールド生成システムの改修にちょっと時間がかかっていて、大きな1.13のリリースを延期して、アクアティックアップデートと同時にすることにしました。要するに、アクアティックアップデートは1.13になります!

As a result, however, this means we can actually start snapshotting Update Aquatic features much earlier than previously planned! Lucky you!

「結果として、アクアティックアップデートの機能を、予定よりもめっちゃ早くSnapShotで遊べるのです! ラッキーですね!」


1.13の延期とアクアティックアップデートの1.13統合、要するにこういうこと

要するに、

  • 1.13のリリースが延期
  • アクアティックアップデートの新要素は1.13に含まれることに
  • 本来1.13の後に来る予定だったものが1.13に含まれることで、結果的に早く体験できる

ということです。図で表すと以下のような感じ。

1.13のSnapShotに、1.13の後に来る予定だったアクアティックアップデートの内容が含まれてくるので、結果的に早く新要素を遊べるということです。

正直1.13って私にとっては大興奮ですが、技術的な要素ばかりだから一般受けは微妙だろうなと思ってたので、サバイバル面の要素が1.13に含まれるとなれば安心です。

「アクアティックアップデート」の概要

https://napoan.com/update-aquatic-summary/

「The Update Aquatic(アクアティックアップデート)」の内容は、BEにもほぼ同時期に配信される予定です。大まかな内容は▲をご覧ください。

スポンサーリンク

毎度毎度ツイート、コメント等ありがとうございます。Twitterではブログの更新状況など色々呟いてます。気軽にフォロー下さい。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメント