公開: 2017/09/18最終更新: 2021/04/14

さようなら「PC版」。こんにちは「Java版」。

0
スポンサーリンク

「Minecraft: Java Edition」のバージョン1.12.2が配信されました。もう「PC版」と呼ぶのはやめましょう。

Java版バージョン1.12.2リリース!

バージョン変更

本日、予定通りJava版の「1.12.2」がリリースされました。バニラ用のプロファイルが無い人は新しく作って、起動オプションから「1.12.2」に変えれば遊べます。(最新版に勝手に変わるようにしてる人もいると思いますが、バージョンは固定することをおすすめします)

1.12.2リリース ロゴが変わった

ロゴが「Minecraft」から「Minecraft: Java Edition」になりました。
いきなり変更されたわけではなく、E3 2017で「Better Together Update」が発表された時から予告されていたことです。

 

「Better Together Update」で、「統合版『Minecraft』」が登場する

なぜ「Java Edition」と付いたのでしょうか? それは、「Minecraft」という名前のゲームがもう一つ登場するからです。

よくわかるBTU

この秋、「Minecraft: Pocket Edition(マイクラPE)」と「Minecrtaft: Windows10 Edition」は「Minecraft」というタイトルに変わります。そして同じ内容の「Minecraft」が、XboxOne/NintendoSwitchにも新しいゲームとして配信されます。

これまでの「PE」が「Minecraft」と呼ばれるようになるので、今まで「Minecraft」という名前でPC/Mac向けに配信していたオリジナル版は「Minecraft: Java Edition」という名前になったということです。

 

「PC版」と呼んでしまうと分かりづらいので「Java版」と呼びましょう

では、なぜ「PC版」と呼ぶのはやめたほうがいいんでしょうか?

もう一つのPCnapoan

こちらはPCのスタートメニューですが、「Minecraft」というアプリが入っていますね。起動してみましょう。

Win10版

「Minecraft」を起動してみました。PEに見えますが、これが統合版「Minecraft」なのです。そう、Windows10版の名前が「Minecraft」に変わったのですから、「MinecraftのPC版」と呼んでしまうと統合版とJava版の区別ができないのです。

※統合版「Minecraft」は全てのPCで遊べるわけではなく、Windows10搭載PCのみ遊べます。ですからMacではJava版しか遊べないのでご注意ください。(Win10をインストールしたりすれば話は別ですが)

これからのマインクラフトのグループ

これからのマインクラフトはこんな感じのグループに分かれます。ちなみにメインnapoanなんて存在しませんから、あなたの遊びたいプラットフォームで遊びましょう。

 

にしても、これだけのプラットフォームに統合版が配信される中、クロスマルチプレイへの参加を渋ったソニーには本当になんとかしてもらいたいものです。PS4でもみんなと遊べる日が来ますように…


コメントを見る

スポンサーリンク

おすすめ記事

No Image
アクティビジョン・ブリザード、Googleとの提携を発表 – OWやCoDのeスポ配信はYouTube独占に
公開: 2020/01/25最終更新: 2021/04/14
No Image
これが2019年12月からのマインクラフトだ。PS4版所有者は無料で統合版入手可能
公開: 2019/12/09最終更新: 2021/04/14
スポンサーリンク