目次
/ UPDATE :
/ Author: sasigume

経験値でアイテムを買うショップ(警告文付き)の作り方

経験値でアイテムを買うショップ

[2016年6月16日改訂] バージョン1/9/1.10に対応した、経験値アイテムショップのコマンドを解説します。経験値レベルが足りないと警告する機能付きです。


 
経験値払う装置

以下のコマンドでは、レベルが10以上ならレベルを10減らしてアイテムを与え、9以下なら「レベルが足りません」と警告を表示します。

※マウスオーバーすると説明が出る箇所を用意しています。
「a」Impulse(インパルス)Unconditional(無条件)Needs Redstone(赤石必要)
/testfor @p[l=9]
最寄りの人のレベルが9以下かどうか判定します。
「b」Chain(チェーン)Conditional(条件付き)Always Active(常時実行)
/tell @p レベルが足りません
レベル9以下なら警告。
「c」Chain(チェーン)Unconditional(無条件)Always Active(常時実行)
/testfor @p[lm=10]
これはUnconditionalなので無条件に実行。今度はレベルが10以上かどうか判定します。
「d」Chain(チェーン)Conditional(条件付き)Always Active(常時実行)
/xp -10L @p
レベル10以上ならレベルを10マイナス。
「e」Chain(チェーン)Conditional(条件付き)Always Active(常時実行)
/give @p minecraft:アイテムID 数量 データ値
「数量」「データ値」は無くても構いません。
例: /give @p minecraft:diamond 1
「f」Chain(チェーン)Conditional(条件付き)Always Active(常時実行)
/playsound minecraft:entity.player.levelup master @p
最寄りのプレイヤーに対して、効果音を鳴らします。


記事が役に立ったら、
シェアしてね!
Tweet

こちらの記事も読まれています

経験値でアイテムを買うショップ(警告文付き)の作り方”には13件のコメントが付いています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

記事の内容・画像・動画その他ファイルを引用・転載する際や、アンテナサイトに掲載する場合は該当ページへのリンクをお願いします。当サイトで紹介する著作物はそれぞれの権利者に帰属します。当サイトはMojang ABおよびMicrosoft社とは無関係であり、記事を利用したことによる如何なる損害も管理人は責任を負いません。