バージョン1.9で追加された「オフハンドスロット」。Fキーで手持ちアイテムをオフハンドスロットと入れ替えられることは皆さんご存知ですよね。今回はあの持ち替えを利用した、「Fキーを押すと何か起こるアイテム」の作り方を解説します。例えば「Fキーでファイアボールを召喚」「Fキーで周囲に爆発を起こす」など配布ワールドの作成にピッタリな仕掛けが作れます。マルチプレイにももちろん対応。新しいタイプの機能付きアイテムを今度こそ作ってみませんか。

続きを読む

例えば触れるとダメージを喰らう毒の霧や、指定した回数だけ回復できる回復スポットだとか... バージョン1.9では、配布ワールド制作に便利な新エンティティ「AreaEffectCloud」が追加されました。「残留ポーション」から出てくる効果付きのパーティクルのことです。今回は、ポーション効果や時間などをカスタマイズしたAreaEffectCloudを設置するコマンドを解説します。

続きを読む

PC版のバージョン1.9、「The Combat Update」がついに配信されましたね。その名の通り戦闘に関する新要素と変更点が盛り沢山なアップデートですが、それに匹敵するほどコマンドや配布ワールド制作に関する新機能/変更点が盛りだくさんなんです。例えばAreaEffectCloud、タグ機能、Loot table、エンドゲートウェイ、新ステータス効果、MobのNBTタグの仕様変更など... この記事では、公式Wikiの情報をもとに配布ワールドの製作者さんには特に知って頂きたい、1.9のサバイバル"以外の主な"新機能や変更点をまとめました。

続きを読む

配布ワールド(特に戦闘/RPG系)の制作で大いに役立つのが「スポナー」。コマンドを使えば、出てくるMobの装備品や能力を自由にカスタマイズできます。 しかしスポーンブロックのコマンドは非常に長く、しかも1.9から仕様が変わって色々面倒... ということで今回は、「MCStacker」を使って簡単にスポナーを極限までカスタマイズする手順を解説します。今回解説する方法を使えば、1つのスポナーで複数種類のエンティティを出現させられます。

続きを読む

チャット欄に様々なテキストを流す「tellraw」コマンド。ただ文章を流すだけでなく、マウスオーバーした際にさらに何か表示したり、クリックで様々なイベントを発動したり、メッセージ内にプレイヤー名やスコアボードの値を表示したり... 多機能な分コマンドも複雑(というかJSON書くのが面倒)なのでツールに頼りましょう。今回紹介するツールなら、まさに"見たまま編集"ですらすらtellrawコマンドを作成できちゃいます。

続きを読む

バージョン1.9では、配布ワールド制作などに便利な「Loot table」という新システムが追加されました。「ルートテーブル」と呼ばれるファイルをワールドに同梱して、ダンジョンの宝箱の中身やMobのドロップアイテムを自分好みに置き換えられるんです。 この記事ではLoot table(ドロップ表)の使い方からJSONの書き方まで詳細に解説します。「運効果を持っていればこのアイテムが出やすい」「スコアボードの値に応じてアイテムを出す」「燃やして死んだらアイテムのNBTタグを変える」「アイテムにランダムで指定したエンチャントを付ける」など、様々な「function」と「condition(条件)」の使い方を解説しています。配布ワールド制作の幅がますます広がりますね!

続きを読む