XboxOneベータプレイ映像

この秋、XboxOneとNintendoSwitchには新しい「Minecraft」が配信されます。この新しいMinecraftのXboxOne向けベータ版が配信されたばかりなのですが、あいにく私XboxOne持ってなくて遊べません… そこで、マイクラ開発スタッフたちが生放送でプレイ映像を公開していたので、内容を紹介します。

スポンサーリンク

XboxOneベータ版のプレイ映像(公式Twitchチャンネルの放送録画)
https://www.twitch.tv/videos/169005821

以下、生放送のキャプチャ画像と解説です。「Minecraft」はXboxOneだけでなくNintendoSwitchにも配信されるので、これからお見せする新要素はスイッチにも来るということです!


XboxOne版

今回開発スタッフたちがプレイするのは、近日配信予定のXboxOne向け「Minecraft」のベータ版。今の「Xbox One Edition」とは別のものです。(詳しくはこちらの記事をお読み下さい)


マーケットプレイスについて

生放送の冒頭に、マーケットプレイスについて言及されました。どうやらSkyrimマッシュアップパックなど、これまでゲーム機版でリリースしてきたDLCが全て新「Minecraft」のマーケットプレイス(ストア)にも登場するとのことです。(買い直す必要はありません)


ついにゲーム機(XboxOne・Switch)でコマンドが使えるように

コマンド入力画面

チャット画面を開いて、スラッシュを入力すると... ドバーッとコマンド候補一覧が表示されました。新「Minecraft」では、PEと同様にコマンドを使うことができるのです。(ちなみにPEもMinecraftって名前に統合されますけどね)

giveコマンド

例えば、giveコマンドでアイテムを入手したり...

fillコマンド 丸石

fillコマンドでブロックを敷き詰めたり、などなど色々できます。


コマンドブロックも使えるぞ!

コマンドブロック

/give @p command_blockと入力すれば、コマンドブロックが入手できます。(放送内では@sを使ってましたが@pでもいいです)

コマンドブロックの画面

こちらがコマンドブロックのGUIです。PEと統合されてできる新「Minecraft」なので当然ですが現在のPEと同じ内容です。


ついにスポーンブロック(モンスタースポナー)が自由に置けるように!

スポーンブロック

クリエイティブモードのアイテム一覧に...スポーンブロックが!

スポーンブロック

スポーンブロックを置いただけでは、中身は空っぽで何もスポーンしませんが...

ゾンビ馬

ゾンビ馬のスポーンエッグを使えば、ゾンビ馬のスポナーになります! 様々なMobのスポナーを自由に作れるということです。何年待ったことか…

Vex

Vexくんのスポーンエッグを入れるとこんな感じです。


旧バージョンのワールドを引き継ぐ手順が公開。移動ではなくコピーだから安心!

この秋、XboxOneとNintendoSwitchの旧バージョンの所有者にには、新しいゲームとして「Minecraft」が追加配信されます。今回、新「Minecraft」に旧バージョンのワールドをコピーする手順が公開されました。

古いワールドを検索

コピー手順はとっても簡単。新バージョンのワールド一覧を開き、「Sync Old Worlds(古いワールドを同期)」を選ぶだけ。

自動で検索される

すると自動で旧バージョンのワールドが検索され…

古いワールドがコピーされた

旧バージョンのワールドがコピーされました。移動ではなくコピーなので、新バージョンで遊んでも旧バージョン側のワールドに影響はないとのことです。(ちなみに新バージョンの配信後も旧バージョンを遊べます)

開発者にワールドを送信

ベータ版なので当然コピー機能に問題があります。そこで、コピーにより壊れたワールドをYボタンで開発者に送信し、報告する機能を用意しているとのことです。


画面分割ももちろん対応しているとのこと

画面分割

新バージョンはもちろん画面分割に対応しています。


描画距離や視野など、細かいビデオ設定が変更できる

ビデオ設定1 ビデオ設定2

新バージョンの「Minecraft」は、現在のPEをベースにXboxOneやSwitchに対応させたものであり、設定項目などもPEとほぼ変わりません。今回の生放送では、XboxOne版でもスマホ・タブレットと同じように描画距離や視野などの細かいビデオ設定が変更できることが判明しました。描画距離は8チャンク~22チャンク、視野は~110°まで広げられます。

NintendoSwitch版については生放送では言及されませんでしたが、同じBedrockエンジンでPEベースの内容になっているので、スイッチでも同様にビデオ設定が変更できる可能性は十分あります。


大量のMobをスポーンさせられるが、動作は重くなります

大量のオウム

大量のオウムをスポーンさせている開発者さん。新バージョンは現在のPEのシステムで作られていますので、無制限にMobを償還できるんです!しかしあんまりにもたくさん召喚しすぎて、代わりにカックカクになってました… ゲーム機でこんなにカクカクして大丈夫かよって心配になるほどです。


地図に座標が表示されないので注意

座標確認

新バージョンでは、従来のゲーム機版と違い地図に座標が表示されません。ですので、開発者さんは以前解説したこちらの方法を使って座標を確認していました。


スマホやタブレットのワールドをアップロードして、XboxOneで遊べる

生放送でワールドをPEからXboxOneに移動する方法について質問があり、「PEのワールドをアップロードしてXboxOneからダウンロードすればいいよ」と回答されていました。新しい「Minecraft」では、ワールドをオンライン上にアップロードすることで、異なる端末でもプレイできるのです。


ハードコアモードとカスタムスキンは将来的に実装するとのこと

新バージョンはPEベースですので、まだハードコアモードが実装されていませんが、将来的に追加するとのことです。またカスタムスキンは現在スマホ・タブレット・Wn10(VR)限定ですが、将来的にゲーム機でも好きなスキンを読み込めるようにするとのことです。


PEアップデート1.2「BetterTogetherUpdate」の内容まとめはこちら
PE12アップデートまとめ
https://napoan.com/pe-update-12/
スポンサーリンク

毎度毎度ツイート、コメント等ありがとうございます。Twitterではブログの更新状況など色々呟いてます。気軽にフォロー下さい。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメント