公開: 2021/03/18最終更新: 2021/03/19

統合版(BE)のspreadplayersコマンドの使い方

Xbox
Windows 10
PlayStation
Nintendo Switch
編集担当へ: 並び替え用の公開日を設定し忘れています!
さしぐめ
フォロー
0
スポンサーリンク

spreadplayersコマンドエンティティを指定範囲内のランダムな位置に移動させる
OP権限必要
コマブロで実行可能
適用対象エンティティ・プレイヤー

構文

指定した範囲に指定したエンティティを配置する
/spreadplayers <中心のx座標> <中心のz座標> <最小間隔> <最大範囲> <ターゲット>

引数

中心のx座標中心のz座標 (必須)
エンティティを配置する範囲の中心の位置を指定する。相対座標を使ってコマンド実行場所からの相対的な位置を指定することも出来る。
最小間隔 (必須)
エンティティを配置する際の、最小の間隔を指定する。0.0以上でないといけない。
最大範囲 (必須)
中心から範囲の端までの大きさを指定する。ちなみに、spreadplayersコマンドにおける"範囲"は、円ではなく正方形である。最小間隔より少なくとも1.0大きい値でないといけない。
プレイヤー (必須)
配置するエンティティを指定する。プレイヤー名もしくはターゲットセレクターでないといけない。

実行結果

引数が正しく指定されていない場合、対象が多すぎて指定範囲内で最小間隔を保てない場合、読み込み範囲外に移動させようとした場合は失敗する。

成功すると、指定した範囲内のランダムな位置にターゲットを配置する。ターゲットはその範囲内の一番高い位置に配置されるが、溶岩の上に配置されることはない。

使用例

  • /spreadplayers 0 0 200 500 @a ― 全てのプレイヤーを、0,0を中心とした横幅1000mの範囲に少なくとも200ブロックの間隔で配置する

あわせて知っておきたいコマンド

  • /teleport ― 指定した座標に指定したエンティティを移動させる(こちらなら地下にも移動させられる)

記事がお役にたったら...
フォローをお願いします
コメントを見る

スポンサーリンク

おすすめ記事

No Image
統合版(BE)のtestforblocks(複数形)コマンドの使い方
公開: 2021/03/19最終更新: 2021/03/29
No Image
統合版(BE)のtestforblockコマンドの使い方
公開: 2021/03/19最終更新: 2021/03/29
スポンサーリンク