公開: 2021/03/18最終更新: 2021/03/19

統合版(BE)のspawnpointコマンドの使い方

Xbox
Windows 10
PlayStation
Nintendo Switch
編集担当へ: 並び替え用の公開日を設定し忘れています!
さしぐめ
フォロー
0

spawnpointコマンドプレイヤーのスポーン地点を設定する
OP権限必要
コマブロで実行可能
適用対象プレイヤー

構文

プレイヤーのスポーン地点を設定する
/spawnpoint [プレイヤー] [座標x y z]

引数

プレイヤー (任意)
スポーン地点を設定するプレイヤーを指定する。プレイヤー名もしくはターゲットセレクターでないといけない。指定しない場合はコマンドの実行者が対象になる。コマンドブロックではこの引数は必須。
座標x y z (任意)
指定したプレイヤーの新しいスポーン地点の座標を指定する。Java版と違ってy座標に256より大きい値を指定できる。相対座標を使って、コマンド実行場所からの相対的な位置を指定することも出来る。指定しない場合はコマンドの実行位置がスポーン地点になる。

実行結果

座標が正しくない場合、プレイヤーが見つからない場合は失敗する。

成功すると、指定した座標が指定したプレイヤーのスポーン地点になる。

注意

/setworldspawn
と違い、こちらはプレイヤーそれぞれのスポーン地点を設定する。つまりベッドで寝ることの代わりをしているということだ。


記事がお役にたったら...
フォローをお願いします
コメントを見る


おすすめ記事

No Image
マイクラでいつの間にか付いた英語のプレイヤー名を変更する方法
公開: 2019/08/26最終更新: 2021/03/07
No Image
【お願い】マイクラ公式Wikiの「翻訳」に今すぐ協力してほしい
公開: 2019/08/25最終更新: 2021/03/07