公開: 2021/03/17最終更新: 2021/03/19

統合版(BE)のeffectコマンドの使い方

Xbox
Windows 10
PlayStation
Nintendo Switch
編集担当へ: 並び替え用の公開日を設定し忘れています!
さしぐめ
フォロー
0
スポンサーリンク

effectコマンドステータス効果を追加・消去する
OP権限必要
コマブロで実行可能
適用対象エンティティ・プレイヤー

 

構文

指定したエンティティの全てのステータス効果を消去する
/effect <ターゲット> clear
指定したエンティティにステータス効果を与える
/effect <ターゲット> <効果> [秒数] [強度] [パーティクルを隠すか]

 

引数

ターゲット (必須)
ターゲットを指定する。プレイヤー名またはターゲットセレクタが使える。
効果 (必須)
与えるステータス効果を指定する。ステータス効果のIDを書く必要がある。(例えば1 もしくはspeed) IDの一覧はこちらを参照してほしい。
(Java版と違って数字のIDは使えず、minecraft:を付けるとエラーになるので注意)
秒数 (任意)
ステータス効果の秒数を指定する。0以上1000000以下でないといけない。指定しない場合は30秒になる。
強度 (任意)
ステータス効果に加える追加レベルの数を指定する。0以上255以下でないといけない。指定しない場合は0になる。ステータス効果の基本の強度は0なので、例えば「再生II」を与えたい場合は1と書く必要がある。(IIだからといって2ではない)
パーティクルを隠すか (任意)
ステータス効果を受けたエンティティから出るパーティクルを非表示にするか否かtrue または false で指定する。指定しない場合はfalseになる。

 

実行結果

引数が正しく指定されていない場合、エンティティが見つからなかった場合(指定したプレイヤーがいなかった場合)、clearモードで効果が消去されなかった場合は失敗する。

成功すると、

  • clearモード — ターゲットの全てのステータス効果を消去する
  • <効果>を書いた場合 — ターゲットにステータス効果を追加する。ターゲットが既にその効果を持っていた場合、追加する効果のほうが強度が大きければ上書きされる。秒数として0を指定した場合は、指定した効果が消去される。

 

使用例

  • /effect @p speed 60 1 ― 最も近いプレイヤーに移動速度上昇(スピード)IIの効果を60秒間与える
  • /effect @p speed 60 2 ― 最も近いプレイヤーに移動速度上昇IIIの効果を60秒間与える
  • /effect @a haste 0 ― 全てのプレイヤーの採掘速度上昇(勤勉)効果を消去する
  • /effect @e[type=zombie] clear ― 全てのゾンビのステータス効果を消去する

記事がお役にたったら...
フォローをお願いします
コメントを見る

スポンサーリンク

おすすめ記事

No Image
【今話題のマイクラ都市開発】EXR-Networkに行ってきた
公開: 2019/10/11最終更新: 2021/04/14
No Image
マイクラBEの「1.14」はハチのアプデに。Aubrey氏とCorner氏が確認
公開: 2019/10/09最終更新: 2021/04/14
スポンサーリンク