マインクラフト、ついに「身長」「髪型」などを個別に変更可能に [Minecraft]

パーツごとに有料で販売する方式へ

マインクラフトBE(統合版)の最新ベータ版で、「Character Creator」が実装された。つまり、「キャラクリ機能」である。従来は全身のスキンを一気に変更する形式だったが、まるでMMORPGのように「髪型」「口」「腕」などのパーツごとにスキンが変更でき、さらには「身長」がマインクラフト史上初めて変更可能になった。10周年を迎えたマインクラフトが、「キャラクリ」の部分で大きな進化を遂げたのだ。

スポンサーリンク

 

「キャラクタークリエイター」は、将来的に統合版(スイッチ含む)と「マイクラアース」への実装が予定されている。なお、以下で紹介する画面はベータ版のものであり、正式に実装されるとは限らない

 

これが最新ベータ版「1.13.0.15」のタイトル画面である。「スキン」が「プロフィール」に変更されている。早速使ってみよう。

これが「キャラクタークリエイター」だ。キャラクターは立体的に横に並べられ、スティーブとアレックスが最初から用意されている他、「キャラクターを作成」を押せば全く新しいスキンを作り出すことが出来る。

こんなふうに従来の全身スキンも選択できるので、スキンコレクターの方も安心だ。

 

パーツごとにカスタマイズ可能に

そして新しいのがこれ。「パーツごとの編集」がついにできるようになったのだ。パーツごとに画面を見ていこう。

「目」「髪の毛」「口」「左右の腕と脚」「ひげ」がカスタマイズできるのに加えて…

▲見よ!待望の「身長」変更ができるようになったのだ!試しに低い身長を選んでみた。

PvP要素もあるゲームなのだから当然だが、身長を変えても当たり判定のサイズが変わるわけではないようだ。あくまで「低身長キャラ」「高身長キャラ」を作る機能なのである。

 

有料アイテムが多すぎないか?

ちなみに「スタイル」という項目から「帽子」「服」なども付けることが出来る。ただここで気になる点が。

有料アイテム多すぎない????いやしょうがないんだろうけどさ、これは流石に叩かれるんじゃないのだろうかと心配になる。

近頃のゲームは「コスメ要素だけ有料で販売します!有利不利はありません!」というパターンが定石だが、マインクラフトも「スキン課金」ならぬ「コスメ課金」になっていくのかと思うと、低年齢層の多いゲームとして不安だ。「マインコイン」があるので買いすぎることはないだろうが、バラバラではなくまとめて売って欲しいものだ。

 

カスタムスキンも選択可能

スキンを自作しているプレイヤーにとって、自作ではないスキンが増えていくのは少し寂しさを感じるところもある。この「キャラクタークリエイター」には一応「カスタムスキンのインポート」機能も残されているので安心してほしい。しかし相変わらずデバイス間の同期はできないので、自作スキンはBEでは「邪道」なんだなあと実感する。

スキンのカスタマイズが大幅に強化されていく「マインクラフト(統合版)」。既存のスキンのシステムを残しながら、パーツごとのカスタマイズも可能にするとは驚きである。課金要素は気になるが、自己表現の幅が広がることは、全てのマインクラフターにとってプラスだろう。…Java版とPS4版以外は。

スポンサーリンク

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます

スポンサーリンク

コメント