RealTrain完全ガイド
リアルな鉄道をマイクラで整備できるMOD「RealTrainMod」の最新版では、
サバイバルモードでも車両やレール、信号などを作れるようになりました! 
しかし作るには製鉄など特別な手間がかかります。
そこで、 電車を整備するための手順を全てまとめました。
あなたのサバイバル生活で、本格鉄道整備を始めましょう。 
スポンサーリンク



RealTrainModの導入方法と認証

45
RealTrainMod(リアルトレインもど)は、ngt5479氏制作のウルトラアルティメット鉄道神MODです。
リアルな鉄道や関連する信号などのアイテム、建築に役立つブロックなどを追加します。
RealTrainModのダウンロード
http://forum.minecraftuser.jp/viewtopic.php?f=13&t=13633
2014-12-26_19-23-25
※ページの下の方にダウンロードのリンクがまとめてあります。
前提となる「NGTLib」も一緒にダウンロードして下さい。 
2014-12-26_20-54-13
ダウンロードした2つのzipを、お使いのForge専用フォルダー内のmodsにブチ込みます。
Forgeの導入方法についてはこちらの記事をお読み下さい。

導入後起動すると、プレイ中画面に二次配布防止のための警告文が現れます。
この警告の消し方については作者さんフォーラムをご参照下さい。

鉄道のための鋼鉄づくり- 高炉やパイプの作り方

このRealTrainModでは、材料を集め、製鉄をするところから始まり、レールや車両、信号や各種建築用ブロックなどを全てサバイバルモードで作ることができます。
あなたのサバイバル生活に、本格的な鉄道要素が加わるわけです。

ここからは、鉄道関係のアイテムの制作に欠かせない鋼鉄などの鉄類を、サバイバルモードで作っていく手順を解説します。

30
まずは土と粘土、ネザーレンガを使って「耐熱レンガ」を作ります。
できた耐熱レンガで枠を作り、その中に溶岩を入れます。

09
枠の一部は「ハーフ耐火レンガ」で穴を開けておきます。
棒と皮、金で「ふいご」を作り、枠の穴部分のハーフ耐火レンガを何回も右クリックしましょう。
上からピンク色の溶岩っぽいものが降ってきて、炉の中に煙が立ち込めてきます。

14
次に、石炭を精錬して「コークス」を何個も作っておきます。
先ほどピンク色のガスが溜まった中に、「コークス」と木炭を投げ込みます。
それから鉄鉱石を投げ込むと、シューという音とともにピンク色がオレンジに変わります。
これが「溶けた銑鉄」です。オレンジ色の「溶けた銑鉄」をバケツで汲み取りましょう。
2014-12-25_21-26-4

30
次に、「反射炉」を作ります。耐熱レンガで壁を作り、その中に上図を参考に2つの枠を作ります。
壁の一部を、上図右側のように削って煙突を設けます。
左側にはネザーラックを使って火を付け、右側のくぼみには先ほど汲んだ銑鉄を流し込みます。

36
そしたら鉄インゴット5つで「パドル」を作り、パドルを持ってくぼみに入れた銑鉄を右クリックします。
すると反射炉がちゃんと組み立てられていたら鋼鉄が生成されます。もし反射炉の設定が間違っていると失敗し、メッセージが出ます。
2014-12-25_21-26-4
できた鋼鉄をバケツで汲み取りましょう。

20 - コピー
バケツで汲んだ「鋼鉄」を、適当な場所にだばぁします。
しばらくすると固まって灰色になるので、鉄と棒で「金鋸」を作って、それで右クリックすれば回収できます。
2014-12-27_18-16-46
ついに「スチールインゴット」の完成です。
ここから全てが始まります。

専用作業台で車両やその他ツール、ブロックを作ろう

RealTrainModでは、レールや車両から、架線や信号、さらには切符、足場など鉄道に関するものなら何でも追加されます。
それらは通常の作業台で作るのではなく、専用の特殊な作業台でクラフトします。

56 - コピー
先ほど作った「スチールインゴット」と作業台で「RTM専用作業台」を作ります。
右クリックするとGUIが表示され、「?」ボタンを押すと全アイテムのレシピが確認できます。
これが物凄く便利。もう私が解説する必要ないですね (←おい)

2014-12-27_18-34-33
レシピ通りにアイテムを置いた後、そのままでは完成するアイテムを取得できません。
「Crafting」ボタンを押すことで、完成品が取り出せるようになります。
少し時間がかかりますが、その代わりに素晴らしいアイテムが作れちゃいます。

それでは、専用作業台で作るアイテムの使い方をそれぞれ見て行きましょう。

坂道も自由自在! 新しいレールの使い方

RealTrainModの最新版では、7種類もの「マーカー」を使ってレールを敷設できます。

44
こちらは通常の赤いマーカー。2つを向きあわせて配置して片方を右クリックすれば、レールを敷けます。
ぐにゃっと曲げても大丈夫です。

19
これは斜めにレールを敷けるマーカー。これと他のマーカーを組み合わせれば、より自由な曲線のレールが敷けます。

09
ラピスラズリを使うと「分岐マーカー」が作れます。
これを分岐点として、もう2つマーカーを置くとレールが分岐します。

39
これは「坂用マーカー」。4種類あり、それぞれ角度と長さが違います。
一つだけ単体で配置して右クリックして使います。

切符と改札 - リアルな駅が作れる

29
駅に欠かせない自動改札機が、RealTrainModでは簡単に作れます。
スチールインゴット5つで「鋼板」を作り、それを使って「自動改札機」を作ります。
イカスミ、染料、紙で作った「切符」を使うと改札が開きます。

自由に表示が選べる! 鉄道標識と看板

線路の近くに立ててある、様々な記号が書かれた鉄道標識
駅に欠かせない、行き先が書かれた看板。これらも簡単に作れます。

47
まずは「鉄道標識」。右クリックすると表示する記号などを選べます。

24
次に「看板」。まず「ガラスの蛍光灯」を作ってから、「鋼板」と組み合わせて作ります。
こちらも右クリックすると表示が選べます。

他にも沢山のアイテムが追加されます。全部コンプリートして、立派な鉄道を整備しましょう。

車両の作り方と配置、操作方法

最後に、一番大事な車両の作り方(レシピ)について解説します。

2014-12-27_20-14-52
まずはスチールインゴットで「シャフト」を作ります。

2014-12-27_20-15-46
なんと20個ものスチールインゴットを消費して「車輪」を作ります。
製鉄が大変ですね。

2014-12-27_20-17-7 - コピー
車両には2種類あり、気動車を作る場合は「ディーゼルエンジン」電車を作る場合は「モーター」を作ります。
モーターの制作には「電線」が必要なので作っておきましょう。

2014-12-27_20-55-24 - コピー
車輪、シャフト、鋼板で「台車」を作ります。
それから「気動車」または「電車」を作ります。
鉄が大量に必要なので注意。

45
「気動車」「電車」はレール上で右クリックすると配置できます。
気動車はキハ600系、電車は223系(姫路方面網干行き)がデフォルトです。

2014-12-27_21-2-57
列車の種類を変えたい時は、列車の中央をスニークしながら右クリックしましょう。

13
列車の台車部分を素手で右クリックして乗り込みます。
Sキーで前進して、Wでブレーキをかけます。 旧バージョンと操作方法が違いますね。
またPキーで警笛を鳴らせます。聞き慣れたあの音が響き渡ります。

50 (1)
車両を連結させる時は、「バール」を作って台車部分を右クリックしてから、電車をぶつけて下さい。
筆者の環境ではなぜか、連結させると操作不能になりました..... 仕様なんでしょうか。
連結後インベントリ画面のバールマークの画面から、「前」を選べば操作可能になります。
コメントで情報を下さったまいんたっくんさん、(>_<)さんありがとうございました。


20
サバイバルでもこのリアルな鉄道が整備できる時代がやって来ました。
この神MODを制作したngt5479氏に本当に感謝しております。
楽しく素晴らしいMODをありがとうございます!
「これを紹介して!」といったMODなどあれば、ドシドシコメント下さい。 
スポンサーリンク

毎度毎度ツイート、コメント等ありがとうございます。Twitterではブログの更新状況など色々呟いてます。気軽にフォロー下さい。

スポンサーリンク

コメント

  • Kotaro Shimura

    RTMの使い方が複雑なうえに、しっかりとしたWikiがないので使い方を徹底解説してもらえませんか?
    (僕は分岐で挫折しました)