新しいエンティティIDへコマンドを変換するツール

先日の記事で多少大袈裟に書きましたが、このままいけばPC版バージョン1.11ではエンティティに関わる既存の多くのコマンドが使えなくなります。防具立てを含む数十種類ものエンティティIDが変わっちゃったので...
誰かが一刻も早く変換ツールを作ってくれたら... ふふふ、既に作られてました。今回紹介するのは、防具立てのアニメーションツールの作者のMrGarretto氏が光の如く速さで制作したMCEditフィルター「Entity Command Converter for 1.11 filter」です。既存のコマンド装置をまるごと選択してパパパッと変換して終わり!

続きを読む

111で変更分割されるエンティティID一覧

やってくれましたねMojang... バージョン1.11の最初のSnapShot「16w32a」がリリースされました。(現在16w32"b"が出た所です) もうご存じの方も多いと思いますが、コマンドに関する恐ろしい変更がされてしまったのです... そう、なんと35種類ものエンティティのIDが変わってしまったのです! 例えば「PrimedTnt」が「tnt」に、「FallingSand」が「falling_block」に、「EntityHorse」が「horse」に、「ArmorStand」が「armor_stand」に... おっと、変更だけではありませんよ。例えばウィザースケルトンに「wither_skeleton」というIDが与えられたりと、様々なMobのIDが分割されたんです。来るバージョン1.11の変貌っぷりを見ていきましょう。

続きを読む

PC版のテクスチャをPEで使う方法

マイクラPEのアップデート「0.15」で、ついにリソースパック(ゲーム内での呼称は"テクスチャパック")が使えるようになりました。しかし... PE向けのテクスチャパックってまだまだ少ないですよね。多彩なリソースパックが使えるPC版が羨ましい... ん? PC版のテクスチャをPE用に変換してくれるアプリとかないの? ― ありました。ということでこの記事では「PC版のテクスチャをPEで使う方法」と題して、UTK.io制作の便利なアプリ「Resource Converter」を紹介します。PC版のリソースパックのzipを用意すれば、パパパッと変換して終わり!

続きを読む

PixelCamの使い方

使い方が分かりやすくて私お気に入りのカメラMOD「PixelCam」がバージョン1.9/1.10.2に対応しましたので改めて使い方を解説します。作者はあの「ReplayMod」の開発者の一人、CrushedPixel氏です。当ブログ何回目の登場でしょう... この記事では、「PixelCam」のダウンロードと導入方法、カメラの経路の設定方法、新機能の「座標に注目する」「カメラ移動をループさせる」などを画像付きで分かりやすく解説します。

続きを読む

1.10対応MODまとめ

1.9のMODが出てきたと思ったら、もうバージョン1.10(のForge)に対応したMODが続々登場しています。定番の軽量化MOD「Optifine」や、ミニマップMOD、インベントリをより便利にするMOD、細かい仕様を改善してくれる、まさに"かゆい所に手が届く"MOD... この記事では、Minecraft1.10(と1.10.2)に対応した便利なMODとその導入方法をまとめました。たまには果敢に新しいバージョンにも挑戦してみませんか?

続きを読む

Schematicからリプレイを生成するツールの紹介

ReplayModの作者、CrushePixel氏(Twitter)がまた恐ろしい物を制作されました。それは「Schematicから建築のリプレイを生成する」という画期的なツールです。ReplayModを使って建築すれば、第三者視点の早送りの建築過程動画が作れますが、このツールを使えば建築中にReplayModを使わなくても、大昔に建てた建物でも建築のリプレイ動画を作れるんです。使い方を見ていきましょう。

続きを読む